Sennheiser Game Zeroヘッドセット購入

big_zero_b_3過去記事で紹介したと思うが、私のPC周辺機器は全てディスコンで、いい加減に一新したいと常々感じていた。今回、PC本体以外をほぼ買い換えた(乃至予定)ので、いくつかに分けて簡単に紹介する。

ヘッドセットをゼンハイザーのGAME ZERO Blackに変えた。本当はRazer Surroundを使っているので、ヘッドフォンも同ブランドに統一しようかと思っていたが、これに決めたのは、単に今まで使っていた同社のPC 131の音質が気に入っていたためである。

4Gamerのレビューでも書かれているが、価格は2万を超え、ゲーム用ヘッドセットとしては高い。しかしながら、外装のほとんどがプラスチックで、高級感は皆無。他社の下の価格帯のものよりチープである。蓋し見てくれは残念だが、私にとって性能さえ良ければまったく問題ない。ラフに扱うつもりはないが、傷はつきやすそうだ。

装着感は、老舗の調整というか絶妙な締め付け具合である。以前ソニーの密閉型で痛い耳にあっており、開放型にしようかと考えたが、やはり夜中に音が出るのは迷惑になるので密閉型にした。今まで使っていたPC 131は、両耳を挟み込む装着だったので、適宜位置をずらさないと、すぐ耳を痛めていた。しかし、これは数時間つけっぱなしでも問題ない。ただ、さすがに6時間以上の装着は耳の周囲、つまりイヤーパッドが当たる部分を痛めている。あまりゲーム中頭を振ることはないと思うが、やってみたところ、かろうじて装着が振れる程度で、手で再度調整する必要はなかった。

イヤーパッドは合皮で、厚く柔らかいクッションである。交換用も買っておこうかと検索したが、5,400円とかなり高価。4セット買うだけで本体が買えるではないか。交換にはちょっとコツがいる。内側の塩ビ?部分を本体に引っ掛け、力を加えて押し込む感じだ。何度か練習しようと思ったが、価格を見て止めた。

次に、音質について稚拙ながらも書いてみたい。事前にいくつかのレビューを読んだが、知識がある人が書いたものと、単なるゲーマーが書いたものがある。また音に関する云々は、リスナーの主観がかなり強いので、全く異なる見解があった。当然私も素人なので、差し引いて読んでほしい。

このGame Zeroそのものはバーチャルサラウンドに対応していないので、その機能が欲しいなら素直に対応品を買えばいい。私の場合、Razer Surroundで無理やりそうしているようなものだ。試しにRazer Surroundの有無で比べてみた。オフでもなんとなくわかるので驚いたが、オンにするとよりシャープに方向が特定できる。4Gamerのレビューにおけるキャリブレーション調整では、音がフロントから一気にサイドに飛ぶように聞こえたので、デフォルトの設定から少しサイド寄りにした。リアライトレフトはピンポイントとは行かないまでも概ね位置が特定できた。まあ定位については、映像による認識が大きく、マップの形も決まっている。見えない敵の足音を特定するときは、視点を回すことで概ね特定できる。

イアーパッドが分厚いので、スピーカーから鼓膜までの距離を稼げるのか、音が耳に打ち付けられる印象も少ない。アクションゲームは銃声やら爆破音といった不快音の連続であり、一定以上音量をあげると、うんざりする人もいるだろう。また、あまりスピーカーを耳に密着させると、音が頭の中心で鳴って違和感を覚える人もいる。さすがに設置型スピーカーほどはないが、今までの不快感は大分軽減されているように思えた。

ゲームで必要以上に低音と重低音が強調されるのは好まず、同様にキンキン甲高い音も耳障りに感じる。このヘッドセットは、総じてバランスが良いというか、銃声や足音など、プレイヤーが聞くべき音がきちんと前に出ている。私は音楽鑑賞をしないが、BGMの弦楽器がふくよかな調子になった。

マイクの性能については、あまり変わった印象がない。Coopをするフレンドからは「マイク変えた?」という声は聞いていない。これは、PCケース前面のマイク端子に差し込んでいるせいかもしれないし、ネットワーク越しではどれも極端には違いはないのかもしれない。そこで試しにレビュー動画の音声収録に使っている、Rode NT-USBで話しかけると極端に声質が向上したと伺った。周囲のノイズやポップノイズ等の検証は、私一人では難しいので、後日フレンドのヒアリングを参考にしたい。

総じて、今の所予想外の問題は出ておらず、その性能に満足している。残念ながら、対戦マルチにおけるキルデスレートには影響していないようだが、耳の痛みを気にせず長時間集中できるようになったのは確かである。

カテゴリー: ハードウェア | コメントをどうぞ

イベント参加のお礼申し上げます。

udk-2017-01-08-23-58-58-63接続テスト及び7日、8日と参加していただきありがとうございます。また運営に関わったフレンドさんはお疲れ様でした。

W: ETは人が来るかと心配していましたが、10名程度いらしてくれてゲームは成立しました。久しぶりにプレーしましたが、本当にこれは面白いですね。ベテランプレイヤーさんも数名いらしたようで、何度も叩き潰されました。すいませんが、スクリーンショットをとる暇なかったです…

VCDはラグと物理エンジンの方が心配でしたが、プレー不可能にならない程度で安心しました。大きなマップを2つプレーしましたが、多人数だとあっという間に片付きましたね。シングルでは終了前の点検が面倒臭いのですが、Toyochさんのリーダーシップで素晴らしい成績が残せました。いやー本当に凄い。

このVCDはまた次回もやろうという話し合いになったので、DLCも含めた企画を立てる予定です。また参加してください!

カテゴリー: マルチプレイ | コメントをどうぞ

Space Hulk: Deathwing Coopファーストインプレッション

spacehulkgame-win64GMさん、偶然一緒になりましたが、遊んでくれてありがとうございます!keiさん、4人揃いましたよ!

評判はそこそこで、不具合が散見すると知っていたが、実際は中々良かった。ゲームを簡単に例えると、スローテンポなLeft 4 Dead、乃至Alien Swarmだろう。入り組んだマップに目標地点があるので、4人団子になって、定期的に襲って来る敵を撃退しながら進んでいく。

キャラクターは5つのクラスがあり、きちんとした役割分担がある。接近戦クラスは近くの敵を一掃できるが、ダメージを受けやすく火器を持つ敵には無力。重火器担当は、圧倒的火力で多数の敵を薙ぎ倒せるが、その使い勝手に癖がある。衛生兵は火力不足だが、仲間を回復できる、などである。

ゲームプレイは大雑把である。というのも、個人の武器はいつでも変更可能、弾薬や回復は無制限、死亡後は一定時間を経て復活、敵は(定期的に)無限に襲来する。その代わり、こちらの移動スピードはかなり遅く、また呆気なく殺されるという、カウンターバランスである。また、斜め50度より上を向けない仕様で、高所から撃ってくる相手の対応がもどかしい。ロケットを持った敵とタレットに不意打ちされることが多く、衛生兵が死んだ状態ではかなり厳しい。

Coopにおいても各クラスにレベルが存在し、リプレイ性を高めているが、これは一回のプレイ毎にリセットされている(未確証)ようだ。また、複雑なマップに点在する扉がランダムに閉鎖されているように思えたが、これも今後確認したい。

不具合も確認し、これは早急に改善を要する。ホストを建てた時、何度も落ちて(途中でクライアント側も)しまった。一部のプレイヤーの参加に時間がかかる、描画が最適化されていないようで重い、などである。他、4Kテレビに出力しているフレンドが、ゲームを最小化すると画面が真っ暗になる(音は鳴っている)というものも確認している。

また、不具合かどうかわからないが、サーバーがリストに表示されないことが多く、これは単にプレーしている人がいないのかもしれない。しかし、Coopメインの設計で人がいないのは致命的である。

こういう欠点があるが、撃っている&当てている感覚は良好で、シューティングの面白さを求める人にはお勧めできる。エイリアンの欠損表現も激しく、且つ大量に撃ちまくれること請け合いである。私が気に入ったのはグラフィックで、ウォーハンマー40Kの世界観を上手に表現している。雰囲気的にはAlien 2のようで、真っ暗で警告音が鳴り響く宇宙船の内部を進んでいく。

不具合さえ潰せば、作品のクオリティーは跳ね上がるだろうから、可及的速やかに対応してほしい。

カテゴリー: マルチプレイ, FPS | 6件のコメント

Turokビデオレビュー

繁忙期が過ぎると忘れていた。しかもノウハウまで忘れた。

カテゴリー: ビデオ | コメントをどうぞ

Aliens: Colonial Marines DLC(過去記事)

過去に書きかけた記事を整えてアップする。

GamersGateでSegaのセールがあっていたので、VPNを噛ませて(2016年12月の時点では不明)ACMのDLCを買った。Stasis Interruptedはシングルプレイヤーの追加コンテンツで、30分程度のミッションが4つ遊べる。Bug huntは所謂ホードモードを追加するコンテンツである。

フレンドとそれらを一緒にプレーしたのだが、前者のStasis Interruptedはあっけなく終了した。本編と同じ難易度で、特に苦戦する箇所も無く、淡々とクリアー。追加コンテンツだからといって、特に難しく調整しているようではなさそうだ。本編のキャラクターの前日談を扱っているので、それに興味が無いなら買う意義は少ない。

次にBug Huntだが、こちらは良い意味で裏切られた。プレーするまでは「どうせ小金稼ぎのために作られたテキトーなモードなんだろうな。マップも3つしかないし、ウェーブ中盤で全滅して終了だろう…」程度にしか考えていなかったので、嬉しい誤算だ。ゲームの概観としては、適当な広さのマップの中でエイリアンや敵兵が沸いてくるので、それらを蹴散らして30ウェーブ分耐え忍ぶ。尚、10ウェーブ目と20ウェーブ目に到達すると、メニュー画面にてそれらのウェーブから再開できる。敵を倒したり味方を蘇生したりすると、お金を入手でき、これらを使ってマップの新たなエリアを開いたり、武器弾薬を購入したりする。死亡後のリスポーンもお金で買えることができ、これは1000ドルと非常に高め。尚、武器の持ち運びは固定となり、マップで買うことができる特殊武器以外は、ゲーム開始前のロードアウトで設定したものとなる。

なぜ本編より面白いのかというと、少なくともこちらは本編よりプレイヤー間の連携が必須だからだ。例えばこの手のモードは、ウェーブが進むごとに難易度が上昇するのだが、これを大きく下げる装置がマップに5つ点在している。しかしながら、これがある場所に到達するまでにお金がかかり、また起動するにもお金がかかる。起動に至るまで合計いくらかかるかを計算し、プレイヤー間で所持金を出し合わなければならない。また装置を起動するタイミングも重要で、猛攻の中突っ込むのは自殺行為に等しく、ある程度数を減らしておくとやりやすい。起動するとシーケンスが始まり、プレイヤーが装置から離れたり、敵が装置の近くにいると停止する。そのため、起動完了までの防衛戦闘まできちんと考えて連携をとらないといけない。ゲームクリアの鍵は、この装置の起動の如何に掛かっていおり、常に先を見据えて計画的に行動しないと、難易度は上昇し続けでジリ貧となる。お金のマネージメントとフレンドとの共闘を要求しており、他のホードモードより面白く感じた。

また、ゲームの虚を突いて攻略する必要もある。例えば、ヘルスをフル回復するにはお金を払ってそうするのだが、節約のためあえて安全な所からダウンして、フレンドに蘇生してもらうこともできる。自分はフル回復し、フレンドは蘇生の報酬を得ることができる。他、倉庫など安全地帯を探して、敵の移動ルートにタレットを置いて邪魔をしたり、敵を自分に引きつけて、フレンドの移動の安全を確保したりできる。大抵ホードモードは馬鹿正直に戦うと非常に難しいが、このゲームは、作り込みが甘いので、そこを攻めると非常に簡単になる。実際私たちがプレーした感触として、ゲームの触感を理解するまでは難しかったが、バグや欠陥まで学習してしまうと非常に簡単になり、ウェーブ後半では有り余るほど金を持っていた。個人的にこのゲームの甘さは、いい方向に働いていると思えるが、人によっては厳しい見方をするかもしれない。

カテゴリー: マルチプレイ | 1件のコメント

Rise of Tomb Raider接続テスト

keiさん宅にお邪魔して早7年が過ぎたかと思うと、無駄に歳食った。そんなことはどうでもいいが、光回線を引かれたということなので、早速接続テストを行ってみた。しかし、まだ音声通話をする準備が整ってなかったようで、普段自分たちがCoopをやるような状態までには至っていない。

私も私で、Xbox Liveのプラットフォームは初めてなので、てんで使い方がわからなかった。Win10のゲームとXboxのゲームの両方が購入できるようで紛らわしい。無事Rise of Tomb Raider購入するも、シーズンパスは、ゲーム内での購入だった。ゲームを起動して、keiさんに接続するも、「接続の状態が不安定」と嫌な予感。しかし、これは杞憂に終わり、実際のゲームプレーでは快適そのものだった。ただ、予備知識無しのゲームプレーでは、何をすれば良いのかわからず、全くゲームを進めることはできなかった。

keiさん、とりあえず機材が揃ったらまたメール下さい。一緒にテストしてみますから。

カテゴリー: ADV, コンピュータとインターネット | 1件のコメント

Ryse: Son of Romeレビュー

ryse-son-of-rome-10-09-2016-20-47-34-032013年にCrytechがXbox One独占タイトルとして発売した剣戦アクションゲーム。PC版は翌年に販売された。私は古代ギリシャ・ローマの世界が好きなので、発表当初からプレーしたかったタイトルである。

ryse-son-of-rome-10-09-2016-21-07-26-06ストーリーは、陰謀で家族を惨殺された戦士マリウスの復讐劇となっている。しかし、神話とマリウスを一致させるのに少々強引な印象(別にマリウスは味方に見捨てられたわけではない等)を受けた。ローマの神々も登場するが、人間を弄んで賭けをしているような素振りで、冷や水を浴びせられた(実際の神話はそうだが)。まあ、話自体はシンプルなのでわかりやすい。英語字幕だが、ほとんど理解できたと思う。

ryse-son-of-rome-10-09-2016-22-16-41-27ゲームプレーは時代劇の殺陣をイメージするとわかりやすい。主人公が多数の悪漢に取り囲まれて、それを一人一人斬り捨てていく。一人の敵とやりあっている時、他の方角からも飛びかかってくるが、その時はガードで対応できる。無双シリーズのような一騎当千ではないので、爽快感は薄い。

ryse-son-of-rome-10-09-2016-22-06-22-22また、単に攻撃ボタンを乱打していれば勝てるゲームではない。クリックで攻撃、右クリックがシールドバッシュ(防御崩し)、敵攻撃のタイミングに合わせてスペースを押下するとガードになる。敵にダメージを与え続けると、髑髏マークが表示される。ここでEを押すと、QTEとなる。スローモーションになり、敵の体が一瞬青か黄に光るので、それを見てクリック乃至右クリックを押して留めをさす。このマウス押下の反応速度によって、経験値またはお金が手に入る。このQTEに失敗してもペナルティーは無く、敵は必ず始末される。ただし獲得する経験値等が少ない。

ryse-son-of-rome-10-09-2016-23-18-37-38シングルでは武具などのアンロック・アップグレードはない代わりに、ダメージ増加や経験値増加などのそれが用意されている。PC版では、一部が既に解除された状態である。面白いものに、二人の敵を一度のQTEで殺害したり、マップの環境を使って殺害するものがある。ちなみに、腕を切り落とす描写があるが、それ以外残虐な処刑は無い。

ryse-son-of-rome-10-09-2016-21-31-31-10このゲームの評判があまりよろしくないのは、終始QTEの繰り返しであるからだ。雑兵であってもQTEで倒さないと経験値がほとんど得られない。敵の種類は少なく、ボス戦に至ってはパターン化されており、全く面白くない。投げやりやバリスタを使うイベントは、自動照準である。これはコンソールに合わせた仕様であるに違いない。時折、ファランクスなどのミニゲームっぽいイベントが挟むことがあるが、特に面白いとは感じず。他、友軍の弓兵をどこに狙わせるかという選択肢も出てくるが、それでリプレイ性が出るということも無い。

ryse-son-of-rome-10-16-2016-00-20-42-13キャンペーンをクリアーした後でもグラディエーターモードで遊べる。裸一貫から装備を更新するために金を稼ぐものだが、前述の通り、ひたすら単調な戦闘の繰り返しで早々に飽きてしまうだろう。尚、このモードでは二人までのCoopに対応しており、サバイバルモードを筆頭としていくつかのゲームタイプが遊べる。私が試した限り、Coop処刑(二人で敵を処刑する)や連携を要求するギミックなどが加わり、ソロとは少々異なる要素がある。ただし基本は単調な戦闘一本調子なので、飽きも早いだろう。

ryse-son-of-rome-10-09-2016-20-56-06-05グラフィックは当然クライエンジンである。私の環境では、最高設定にしても、フレームレートの顕著な落ち込みは無かった。舞台は主にローマとグレートブリテン島であり、他のゲームではあまり登場しない。ゲームは一本道で、終始騒乱の様子が描かれるので、日常生活の雰囲気は伝わらなかった。しかし、市場や工房などが何気なく存在するので、単に「家や施設を適当に並べました」というやっつけ感は皆無。惜しいのは、三人称視点なので、鑑賞して回るのにマリウスが邪魔である。画調は、ローマ映画で出てくるようなトーンである。不思議なことに、クライシスでは写実的に感じたが、このゲームではカートゥーン調に感じた。

ryse-son-of-rome-10-09-2016-22-34-17-30音楽もローマ風で耳に残る。効果音は及第であろう。

ryse-son-of-rome-10-09-2016-23-34-26-42致命的な不具合は無かったが、小さな不満はいくつかあった。これはボタンが少ないコンソールに由来するものだろう。例えば、段差を登るアクションボタンはなく、際に向かって走っていれば勝手に登ってくれる。しかし、敵がその周りにいるとそこにロックして中々登ってくれない。

総評として、ゲームプレイは単調極まりない。しかし、その他の要素、グラフィックやサウンド、ストーリーなどはそれなりに良かった。ムービーも映画的になっている。冒頭でも書いたが、古代ローマの世界観が好きなら、単調なゲームはあまり気にならないだろう。

カテゴリー: ACT | 4件のコメント