Hardcore Henry視聴

一年以上前から気になっていた映画だが、日本にもブルーレイで発売されたので買った。映画版Doomやキック・アスなど一部に一人称視点を取り込んだものはあったが、これは最初から最後までそうである。話としてはサイボーく化した自分(ヘンリー)が妻を助け記憶を取り戻すために奮闘するというシンプルなもの。喋れないので、フリーマンのようだが、頷いたりジェスチャーはしている。

アクションゲーム界隈で話題になった通り、とにかく全てがQTE、乗り物イベント、パルクール、そして銃撃戦に次ぐ銃撃戦で、休む暇がほとんどない。話をしている時間が、本当にアクションゲーム並で、これは映画作品というよりFPSのプレー動画と感じた。とにかくゴアがきつく、あらゆる方法で人が死にまくる。FPSで慣れている私ですら、ちょっと生々しいなと思ったシーンもある。R-15に指定されているが、売春宿があるので18じゃないかと思う。舞台はロシアなので、このようなえげつない行為が白昼堂々行われていても不思議ではなく、やけにリアリティーを感じた。これがアメリカとか日本とかだったら、笑い飛ばしていただろう。撮影はGoPROで撮られており、一人称視点はすごく臨場感がある。しかし、転げ落ちるシーンとか見てて酔う人が続出しそう。また、スピード感があり、人物の状況を把握するのが大変だ。

シャルトー・コプリーは相変わらずいい演技している。私はあまり俳優の顔を覚えないので、その分感情移入ができる。第9地区もエリジウムも観たときは彼とわからなかった。

FPSゲーマーは、フルプライスのゲームを買ったと思って観てほしい。ネタをてんこ盛りに詰め込んでいて、ニヤリとすること請負。一方、ゲーマーではない人には全くおすすめしない。

広告
カテゴリー: ゲーム | コメントをどうぞ

Scorn キックスターター成功

無事目標額を達成し終了した。惜しくも2番目のストレッチゴールには届かなかったが、開発者が言うには、開発に滞りがなければ2種類程度の敵を追加するかもしれないとのこと。以後は、支援者の質問には対応するが、基本的に月ごとのアップデートになるので、情報公開は少なくなりそう。しかし、コミュニティーは非常に好意的で、順風満帆と言えそうだ。

珍しく事前にあれこれ調べたので、体験版は期待通りだったものの、大きな驚きを損ねたのが残念。前にも書いたが、あまりに事前情報を集めると、ゲームプレーが、その事前情報の検証に陥り、純粋に楽しめなくなる。だから、基本的にスチームストアに書かれていること以外は見ないようにしている。ただ、GET EVENで痛い目にあった通り、何も知らないと嫌な意味で驚きを食らうこともある。

話が逸れたが、とりあえずScornは本編が出るまで放置することにする。

カテゴリー: ADV | コメントをどうぞ

Sennheiser GSX 1000ゲーミングオーディオアンプ購入

ゲーマー向け周辺機器を一新してきたが、これをもって完了となる。もともと音源に関しては、Razer Surroundで満足しており、取り立て買い換える必要はなかった。しかし、ゼンハイザーのヘッドセットGame Zeroを非常に気に入ってしまい、このオーディオアンプとの組み合わせは更に効果的だろうと期待して購入した。

上位機種としてSennheiser GSX 1200 proがあるが、これは8つのGSX 1200 proを数珠つなぎすることで、遅延なしのボイスチャットが可能。クローズドなゲーム大会での活用を想定しているが、それ以外のスペックはGSX 1000と同じである。

スペック、質感およびWindows設定などは、既に他のサイトで紹介されているので省略する。PC(Mac)のUSBポートに挿せば、ドライバーのインストールなしに使用可能。本体のタッチパネルを押すことで、素早く音の調整ができる。忙しいゲーム中でも直感的に扱えるのは嬉しい。

サウンドイコライザーは固定された4種類のみある。自分で各音域を調整できないので、玄人向きではない。ただ、私のような素人には有難い仕様である。プリセット無しを標準とすると、e-Sportは対戦マルチ向け。低域以下を極端に絞っている分、足音や銃声などの定位を際立たせている。試しにブーブー鳴るヒップホップをこのプリセットで流せば、そのスカスカ感がわかる。Musicプリセットでは、逆に低域以下がやや強く鳴る。Game Zeroは低域をあえて弱めにしてあり、それ故音楽向きではないと指摘されてきたが、このプリセットをもって音楽も聴けるようになる。ゲームにおいては、普通のシングルプレイヤーなどがいいかもしれない。Storyプリセットでは、映画を主としたものだろう。4Gamerのレビューでは、音楽よりも更にドンシャリ傾向があるらしいが、ゲームにおいてはそこまで違いを感じなかった。試しに、低域以下がほとんど強調されないCall of Duty: Modern Warfareシリーズを、このプレイセットでやってみたがほとんど改善されず。

ステレオは音楽鑑賞に使うが、ゲーマーとしてはやはりサラウンド機能が気になるだろう。今までRazer Surroundを使用してきたのだが、先のGame Zero Blackの記事では、“よりシャープに方向が特定できる”と評した。GSX 1000では、ピンポイントに近いぐらい定位が特定できた。試しにDay of Infamyにて、機関銃を撃っているプレイヤーの真後ろで回転してみたところ、時計の針のように音源の位置が把握できた。また、ある場所に立てこもって拠点を占領しようとしていると、敵が数人押し寄せてきた(入り口が複数ある)のだが、「1時と3時と6時とにいるな」ということが足音でわかった。他のレビューでも記されているが、特にフロントの定位が優秀である。以前Razer Surroundでは、“フロントから一気にサイドに飛ぶように聞こえた”、“視点を回すことで概ね特定できる”と書いたが、確実にそれ以上の定位感を得ることができる。

ただ、気になった点もあり、ステレオからサラウンドに変更すると、音量が大きくなる。特に中域以上が少々アンバランスに感じるほど大きい。これは定位をよりわかりやすくするための仕様なのかもしれないが、そのバランスに関してはRazer Surroundの方が良かった。また、ゲームによってその大きさが異なるので、複数のゲームをプレーしていると、その都度調整が必要である。

定位の移行が少々不自然。リア音は、通例耳より高い位置から聞こえるものである。そのため、フロントで鳴る音が、リアに回り込んだ時に唐突にその位置が高くなる。これは音の回り込む速度を早めればより顕著になる。恐らく、若干ぼんやりした定位の方が、移り変わりに適しているのかもしれない。

Sound Focus機能は、フロントかリアのどちらかの音を強調できるもので、対戦マルチではリアを強調するといいだろう。どちらかを強調すると、6:4のバランスになる。しかし、不自然に聞こえることもあるので、シングルでは標準でいい。

残響音のエフェクトは、当然対戦マルチでは付加しない。その他は自分の好みに委ねるが、一つ問題があって、フレンドとボイスチャットをすると、その声にもエフェクトが効いてしまう。また、そのレベルが3段階だけで素っ気ない。過去のサウンドブラスターシリーズの方が多機能で、細かい調整もできる。バスルームだの教会だの再現に遊び心があり、あちらの方が楽しかった。

マイクの音質に関しては、あまり変わりなさそうだ。というのも、ボイスチャットで誰1人「音周り変えた?」などと尋ねられることがなかったからだ。ゲーム配信用に求められるレベルでもないというのも付け加えておく。

総評として、対戦マルチを主としてプレーする人は買っても良い。ゲームの音に集中すれば、確かに成績が上がりそうだ。細かい設定をしない(できない)人にもおすすめ。Game Zeroとの相性も当然良く、音質も変わらないので、同社の他製品を持っている人にもおすすめできるだろう。操作も直感的。欠点としては、価格だろうか。定価で3万、アマゾンでは2万ほどで、ライバルとなるサウンドブラスターシリーズより高い。加えて、どの店舗でもお取り寄せ状態になりつつあるので、買うなら早めに決断した方がいい。

カテゴリー: ハードウェア | コメントをどうぞ

Gears of War 4 キャンペーンCoopレビュー

紹介するまでもないほど有名なカバーTPSの4作目。PC版は初代と本作しか出ておらず、冷遇された状態である。しかし、Xbox版かPC版かのどちらかを購入すれば、もう片方も購入したと看做されるXbox Play Anywhere に対応している。必要動作として、ちょっと気をつけてもらいたいのは、対応OSはWindows 10のみである。

Coopに対応しているので購入した。キャンペーンCoopは2人まで、Horde 3.0モードでは5人までである。今回、フレンドと一緒にキャンペーンをハードモードで攻略した。全体的にサクサクと進めることができたが、ブルーマックと戦うところで酷く苦戦した。絶え間ない攻撃に加え、動き回って弱点が狙いづらく、おまけにザコ敵が湧いてくる。ラスボスより難しい。

初代をプレーしてから、かなり経つが、「これはもう惰性で作っているのでは?」と疑念が纏わり付く。というのも、ひたすらカバーに隠れての撃ち合いになるからだ。アクティブリロード、低姿勢ダッシュ、ブラインドファイア等、過去作から何も変わっておらず、序盤からマンネリ化した。カバーシューターを確立せしめた初代ならいざ知らず、今日ではたくさんの模倣品があるので、没個性となっている。3回ほど、Hordeモードであろう防衛ミッションがある。これは「ファブリケーター」と呼ばれる(店のような)生成機を使って、タレット、障害物、武器を購入し、一定の敵の襲来を防ぐ。他に、アクセントとして乗り物ミッションなどが少々あった。二手に別れて、お互いを援護しながら進むパートも健在。ジャンプができないので、そのようなプラットフォームアクションは無いが、落雷に当たると即死するものはある。

私はストーリーを忘れたので、ちょっと調べたが、地底人ローカストとの戦争は終結している。3で一度区切りを迎えており、今作は改めてのスタートだが、物語の伝え方が不味い。会話の節々からキャラの背景がわかっていくようになっていくが、新規を含めたPCゲーマーには戸惑いを与えるだろう。4では、新たな敵が登場するが、それらはローカストと他ならない造形である。他、ロボット等も序盤に登場したが、なんだかエイム練習のターゲットのようで盛り上がらない。

グラフィックエンジンはアンリアル4を使用。私の環境では、ほぼ最高設定で平均90フレーム出している。洋館、地下墓地、巣など中々雰囲気がある所もあれば、近未来の基地のような場所は安っぽい場所も目立った。特にヘリコプターなどの兵器の造形に強く不満を感じる。

AIは賢い動きをしているので、ここは評価できる。味方AIはプレイヤーがダウンした時の保険という感じ。優先的に蘇生に来てくれるので助かった。初代で感じた不満が解消されている。敵も積極的に攻めてくる姿勢を見せ、こちらが側面から撃った場合、きちんと回避行動をとる。ただ、敵の種類が少なくて余計にマンネリ感を助長させている。

私がホストをして、フレンドに接続してもらったところ、予期せぬフリーズが発生した。立場を変えて私が接続すると特に問題は発生しなかった。しかし、一時ゲームが始まらなかったりしたこともあり、マイクロソフトのゲームとしては、やけに不調である。

総評として、こんなものか……という冷めたものだった。ゲームプレーは平凡且つ単調で、ストーリーも特に惹かれず、グラフィックもチープな部分が目立つ。初代においては、荘厳な建築物や厳つい戦士など、当に洋ゲーという感じで、(TPSではあるが)インパクトはあった。しかし、これは「国内某メーカーが作ったチャラいゲームだよねw」とフレンドが評した通りだ。

Coopはどんなゲームでも楽しくなり、これも例外ではないのでフレンドと遊ぶんには買っていいだろう。しかし、ソロでとなるとちょっと私は躊躇う。Hordeモードの感想は、また他日に期す。

カテゴリー: TPS | コメントをどうぞ

Scorn Alpha Demoプレー動画

やっつけで作ってみた。

カテゴリー: ビデオ | コメントをどうぞ

Scorn Part 1 of 2: Dasein プレビューとアルファデモ感想

つとに指摘されているようにギーガーやベクシンスキー(他、映画イグジステンズやダークソウル等も)の世界観に影響を受けた一人称ホラーアクションゲーム。そのゲームトレイラーは大変話題になったが、最初のキックスターターは失敗。Greenlitを経て、2度目に挑戦中(現時点で、目標金額をクリアーしそうである)

開発元のEbbソフトウェア13年に設立されたセルビアのスタジオ。21人が関わっており、これが処女作となる。

デモが9月の最終週にリリースされた。また、本編ゲームの冒頭と思われるプロローグのリリースも予定されているが、特定のキックスターター支援者は一ヶ月前にプレー可。高額の支援者は他にフィギアやキャンバスなどの特権がある。

Scorn Part 1 of 2: Daseinと表記があるが、これはゲームを二分割しているため。後半のパートはこれからという感じで、具体的な情報は出ていない。Daseinとはドイツ語で現存在という意味。猶、DLC、拡張パックや続編は一切考えていない。

現在の所、正式な発売日は決まっていないが、プラットフォームはPCのみ。ゲームはスチームかハンブル(DRMフリー)を通してダウンロードする。将来的にはPS4やXboxもと希望を持っているが、とりあえず後半のパートが出来てから決まるだろう。

必要環境

  • OS   : Windows 7, 8, 10 64 bit
  • Processor: Intel Core i3-2100 / AMD FX-6300
  • Memory  : 8 GB RAM
  • Graphics : NVIDIA GeForce GTX 750 Ti / AMD Radeon HD 7870
  • Storage   : 50 GB available space

推奨環境

  • Processor: Intel Core i5-2500 / AMD FX-8350
  • Memory  : 8 GB RAM
  • Graphics : NVIDIA GeForce GTX 970 / AMD Radeon R9 290

ゲームプレーは20分程度(本編は6から8時間)。探索が主となり、パズルとアクションが次に来るバランス。コントローラーをフルサポートする予定。一部でミートガンと呼ばれる銃の触感は、奇抜な仕様ではなく、普通の火薬式のものに似せている。バレルのような寄生生物を交換することで、拳銃やショットガンに変更できる。

使用エンジンはアンリアル4。DirectX 12やVulkan APIなどにはサポートしていない。同様にMODツールも対応予定はなし。出血とともに肢体損傷があり、これはなかなかの出来。インタビューでも述べているが、適任のコンセプトアーティストを見つけるのが難しかった、紙面を実際の3Dに起こすのがもっとも骨折ったという。“バイオメカニカル”と呼ぶ人間の解剖学的組織をベースとした世界観は、嫌悪感を想起させるとともに、もっと見たいと好奇心をも引き出す。私の環境においては、アルファデモはそこそこ重く、平均FPS 60を切っていたように思われる。尚、このデモにおいては、解像度とフルスクリーン以外の変更はできない。コントロールの変更も不可。開発元も言っているが、最適化はされていない。

ゲーム内での会話は一切ない。同様にカットシーンもなく、環境やアニメーションを通して、プレイヤーが感じることになる。そのため、パズルの解法には頭を捻る部分(ゲーム中に文字が出てこないので逆にとっつきやすいと言えるが)が出てくるだろう。ゲームのインターフェイスは日本語化の予定がある。

ダッシュを含め移動スピードは非常に遅いが、探索ゲームとして正しい仕様である。ヘルスや弾薬の確認はQキーで行う。ジャンプはできない。殊の外死にやすい(ニワトリから2発、落花生から4発で死ぬ)のが気になった。移動スピードのせいで敵の攻撃が避けにくい。悪いことに、このデモで死んでしまうと最初からやり直し。ゲームはチェックポイントセーブ(以前は、セーブステーションとの言及だった)で、そこで進行保存をする。尚、敵のリスポーンなどはない。開発元も難しくなると言っている。触手の精神攻撃は、敵なのか障害なのかわからず。逃げ遅れると即死する。

ロードの長さも気になった。私の場合は15秒程度だが、他の支援者を見ると3から5分かかっている人もいた。他、扉が消えたり、スタックしたりと、いくつかバグが見られるようだ。

雰囲気ゲームの質としては期待通りのもので安心している。キックスターターのコメントも肯定的。リプレイ性は無いようだが、クリアーしたらゆっくり見て回ろう。興味がある方は、ぜひ支援を。

カテゴリー: ADV | コメントをどうぞ

Divisionテストプレー

フリーウィークエンド(既に終了)だったので、4人でプレーしてみた。感想はほぼほぼUnkさんと同じなので、私はあっさり書く。尚、スクリーンショットは撮っていない。

ボーダーランズのようなハックアンドスラッシュにカバーTPSを足したようなシステム。4人でチームを組み、大きなマップ(マンハッタン)に点在するミッションを攻略する。今回4人でレベル9まで遊んだ。

プレーしてまず感じたのが、レベル制のシューターは、現実を舞台にしたものには合わない。ジャケットにフードというラフな格好の敵の頭に、何発も銃弾を打ち込んでも死なないというのは違和感を感じた。反面、移動はもっさりでジャンプも不可能、カバーを跨ぐのが面倒である。銃撃の感覚も軽く、敵の出血表現なども穏やか。お手軽シューターであろう。親切心から、インターフェイスにごちゃごちゃと表記されているが、設定で消せる項目もある。

クラスといった概念もなく、固有のスキルもないようだった。医療・技術・防衛のミッションを攻略し、各棟をアップグレードするごとに、関連したスキルがアンロックされる。

敵の種類も少なく、歩兵のみのようだ。せっかくの摩天楼を見上げる機会がなく、非常にもったいない。せめて装甲車や機関銃搭載のピックアップトラックなどが出てきたらと感じる。

グラフィックは作り込みが凄い。映画で見かける真冬のマンハッタンがそのまま歩けるのに感心した。一つの作り込みはそれほどでもないが、とにかく雑多な物が色々散らばっているので、説得力がある。天候も逐次変わっていくので、場合によっては近距離の敵でも見えなくなる。色合いは濃いが、なんとなく写実的でもあった。

Coop(合計5時間ほど)で「母さん、ディビジョン呼んでぇー!」とふざけながら遊んだが、ソロプレーをしたいとは感じない。お手軽すぎて、達成感があまりないからだ。そのため、目的地に行って敵を倒して、依頼主に戻るという作業感が強い。ボーダーランズも同じだが、あれは未知の場所や敵がいるので、行ってみようという気になっていた。敵とのレベル差による難しさはあったが、それだけである。ムービー(スキップほぼ不可)によるストーリーもあまり引き込まれない。

Unkさんも言っているが、もっとゲームをコアにしたら私に合ったのかもしれない。例えば、ミッション目的地を誘導せず、自分で建物や通り名を覚えて自分で経路を組み立てる。ゴーストリコン:アドバンスドウォーファイターのように戦闘をシビアにするが、発生回数は減らす。車両や高さを利用した敵を登場させる。車は無理なので、自転車やバイクが利用できる。死亡時のペナルティーを設ける。こんなことをゲーム中にフレンドと話し合った。ダークゾーンには入っていないが、こちらの方が緊張感のある戦いができそうだ。ただ、ここまでやり込みたいとは思わない。

総じて、UBIが「ボーダーランズが売れているので、うちでもあんな感じのを出せ」と二番煎じのゲームをやった印象。カバーシューターとしても没個性で、評価できる点としては、グラフィックぐらいだろうか。

カテゴリー: TPS | コメントをどうぞ