Hellbound: Survival Mode体験版

90年代のFPSを再現したクラシカルゲームということで、何気なくベータテストを申し込んでいると、先日キーが送られてきたのでプレーしてみた。

プレー可能なのは、所謂ホードモード。小さなマップにウェーブ形式で敵が延々と湧いてくる。武器は棍棒、単発ライフル、ショットガン、マシンガン、ロケットランチャーとあるが、一部はセカンダリーファイアモードではなくアイロンサイトとなっている。静止して緻密に狙う(レティクルもかなり大きい)という場面がないのなら、これはいらないのではと思う。アイテムはヘルスとアーマーのみ。戦場がごちゃごちゃすると、これらアイテム類が小さすぎて見づらいので大きくした方がよいだろう。

移動スピードは90年代のものほど速くはない。どちらかというとPainkillerの触感だろう。移動感覚は慣性が一切かからず、キーを離せば即止まることができる。重力が強めの歩行と評すれば伝わるだろうか。一方、バニーホップによる加速移動はできないので気になった。

銃火器は特に反動はないし、低音の強い発射音でもないので、撃っている感覚はそこまでないが、敵の仰け反りやゴアが丁寧に作られているので、当てている感覚は強い。

マップには玉ねぎ型の爆破物が設置してあり、硬い敵を爆風で吹き飛ばすこともできるが、自分が近づく際は気をつけないといけない。敵同士で喧嘩はしないが、敵のロケット弾が他の敵に当たって共倒れするシーンは良くある。一部スタックしたような行動も見られたが、概ねよくできているだろう。

グラフィックは軽い。私の環境でも全てウルトラが選択でき、またフレームレートの低下などは発生しない。コントロールはこのバージョンでは変更できないが、シンプルなシューターなので確認せずにプレーできるだろう。一応三人称視点(左右スライドも可)にできるが、私は使わなかった。

90年代そのままかと言われれば納得し得ない部分もあったが、基本的な戦闘は十分楽しめるので、これは即買いすると思う。できればシングルプレイヤーモードも作って欲しい。

 

広告
カテゴリー: FPS パーマリンク

Hellbound: Survival Mode体験版 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Hellhound: Survival Mode体験版 | Gamingchild.info

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中