Splatoon 2体験

昨年末からやっと供給が追いついてきた感があるスイッチ。友人が遊びにきた際に、それを持ってきてくれた。基本的にPCゲーマーなのでコンシューマ機まで手が回らないのだが、独占タイトルが多いのでチェックだけはしていた。ここに書く意味はあまりないと思うが、今回スプラトゥーン2を数時間ほどプレーした感想を記す。

私が気がかりだったのが、独特なコントローラーでの操作である。普段マウスとキーボードでシューターをやっている身としては、自由自在にエイムできないのはもどかしいだろうと予測していた。PS3でキルゾーンをやったときにそう感じたからだ。だが、実際にプレーしてみると、確かにそうであるものの、むしろこれは慣れの問題かと感じた。そもそもTPSであるし、PC向けのシビアなFPSのように遠距離から針の穴を撃ち抜くようなものでもない。当然ガチマッチのレベルになると、エイム技量が物を言うのだろうが、むしろ立ち回りとか武器の特性とかマップの把握とかゲーム特有の要素の方が重要だろう。FPSの知識技量は基礎的な部分で重なるが、それ以上はやりこむしかない。FPS経験豊富なプレイヤーが、スプラトゥーンでいきなり活躍する……というのは難しいか。

フレームレートが60固定という点も気になっていたが、杞憂だった。ロビーに多少の落ち込みを感じたぐらいで、マッチは極めて快適。自宅の無線に接続したが、通信回線にも問題はなかった。本当はHDMI接続した大きなモニターで見てみたかったが、本体のそれでもプレーできなくもない。この据え置き機と携帯機の両方の利点を持つのもいい。

対戦人数に困らないのは非常に羨ましい。ちょっと待つだけでフルメンバーが揃ってしまう。プレイヤーもサーバーも国内であるし、大物タイトルなので当分は人が足らなくなるようなことはないだろう。

ただ、購入するかとなると微妙。正直スプラトゥーン2以外に買いたいソフトがないので、それだけのために本体とソフトを購入するのは気が引ける。PCゲームですら手が回らないのに、スイッチまでやりこむ時間もない。

広告
カテゴリー: ACT パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.