Zombeerレビュー

数々のパロディと極端な戯画的グラフィック(もちろん女性キャラの胸部が主たる目的)が気になって購入した。2時間で終了するゾンビFPSである。

見てくれからわかるように、怖さは微塵もなく、終始ユーモアに溢れている。ストーリーは、恋人を探すというものだが、途中で終わってしまう。

ゲーム自体は非常にシンプルで、単にゾンビを倒しながらマップを進んでいくだけ。敵の種類は3種類ほどである。では、独特の要素は何であるかというと、表題にもなっているゾンビールである。主人公は、既にゾンビに噛まれているので、ゾンビールを飲み続けないと徐々にゾンビ化(敵から襲われなくなる)していく。一方、メーターが振り切れるまでビールを飲むと、急性アルコール中毒か何かで死んでしまう。終始このメーターバランスを気にしながら戦うのだが、その加減具合が雑なので、単なる面倒な作業になっている。すなわち、あちこちに無限にゾンビールが補給できる自販機があるので、ハッキング(ちょっとしたミニゲーム)さえ成功させれば、いくらでも取得可能だからである。このバランスの具合さえよかったら、もう少しゲームの質は高くなっていたと思うのだが。

武器は接近武器、ネイルガン、ショットガン、手榴弾、狙撃銃(場所限定)とシンプル。残念ながら、シューティングの爽快感は皆無に等しいので、それを求めるのは間違いである。

私が遭遇したバグで、悩ませたものがある。図書館に入るシーンでQTEが始まるが、その際「1」もしくは「l」という文字が出てくる。これは間違いで、正しくは「d」である。その他は、特に迷ったり行き詰まったりしていない。

総評として、気の抜けた遊び以下のゲームである。個人的に、もっとお色気で釣ってくると思っていたが、それほどでもなかったので残念である。気になる人はセールの時に買えば良い。

広告
カテゴリー: FPS パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中