The Talos Principleレビュー

The Talos Principle 08.11.2016 - 21.20.18.01シリアスサムシリーズで有名なCroteamが制作した一人称パズルアドベンチャー。Valveの有名なポータルに似ているという評価があるが、実際にそのような感じのゲームである。

The Talos Principle 08.10.2016 - 23.50.24.03 The Talos Principle 08.11.2016 - 21.25.12.02 The Talos Principle 08.12.2016 - 20.41.25.05ゲームの舞台として、古代ギリシア、古代エジプト、中世ヨーロッパの3つ(4目として塔もある)があり、それぞれが8つのマップに枝分かれしている。それらの中でも5つ程のパズル区画が用意されている。パズルを解くことで、テトリスブロックのようなパズルピースを取得するが、そのピースは次の世界に進んだり新たな道具を解除したりするためのツールである。

The Talos Principle 08.13.2016 - 00.06.34.06 The Talos Principle 08.20.2016 - 15.35.04.01パズルの中で、プレイヤーが利用できる道具は5つある。進行の障害となっているものを停止させるジャマー、電磁シールドを解除するためのエネルギーを中継するコネクタ、スイッチや足場などに活用できる6面体、自分自身の行動を記憶させるレコーダー、頭上に持ち上げて足場とする台座である。他、プレッシャープレート、扇風機のモーター、エネルギーソースなどがあるが、これらは固定された機器で、プレイヤーが意図的に持ち出すことはできない。

The Talos Principle 08.12.2016 - 15.22.11.01敵というべき存在はいない。あえて言うなら、接近探知型の浮遊機雷と壁に掛かっているタレットぐらいだろうか。こちらが殺されると時間が巻き戻され、パズルの最初からやり直しとなる。また、こちらは一切武器を持たないので、ジャマーなどで無力化していく他はない。

The Talos Principle 08.12.2016 - 19.59.20.03The Talos Principle 08.11.2016 - 00.26.34.09 The Talos Principle 08.11.2016 - 00.47.03.15私が一通りプレーした印象では、ポータルより難しく感じた。特に慣れない序盤では、動画を見て解法を参照したところもあった。各パズルで用意されている道具は最低限で、全てを最後まで活用しなければいけない。例えば、ジャマーを2つ持っていて、目前に電磁シールドで閉鎖された扉があるとする。当然1つのジャマーを使って、それを無力化し、2つ目のジャマーを持って先に進む。ここで1つ目のジャマーをそのままにしておくと、後々道具が足りなくなる。どうすればいいかというと、まず1つ目のジャマーで無力化するのは正しいが、2つ目のジャマーを持ち、通過した扉の後ろからも無力化する。そして1つ目のジャマーを回収して扉を通過し、2つのジャマーを持って進む……という具合だ。

The Talos Principle 08.20.2016 - 15.36.12.02 The Talos Principle 08.25.2016 - 21.07.23.01エネルギーソースからのコネクタ設置も難しい。このビームは直線にしか進まず、壁や他のビームの干渉で無効化する。入り組んでいる路地では、うまい具合に設置して電磁シールド扉の受信口に通電する必要がある。そのような場所を発見するのが難しく、場合によっては赤と青の2種類のビームが出てくるため、高低差をつけるか遠回りに設置する。明らかにコネクタの数が足らない場合は、扇風機の上に6面体を置き、その上に接続を指定したコネクタを載せる。扇風機を回すとコネクタは高く浮かび、ソースと受信口が結ばれる。平面だけでなく、高さも考えて接続しないといけない。

The Talos Principle 08.11.2016 - 00.16.44.06面白いと同時に忙しいのはレコーダーだろう。これは過去の自分の行動と道具を利用する道具だ。例えば、プレッシャープレートに乗ると電磁シールドが解除されて先に進める扉があるとする。これに乗れば確かに進めるが、実際に進もうとしてプレートから降りるとシールドが再稼働して進めない。ここでレコーダーの出番となるわけだが、スイッチを入れると録画モードが開始する。この場合、単にプレッシャープレートに乗って、ある程度の時間、つまり未来の自分が扉を通り過ぎるまで待つ。そしてレコーダーを停止すると、先ほどまでの行動が再現される。つまり、過去の自分がプレッシャープレートに乗り、シールドを解除してくれるので、現在の自分は通過できる、というものだ。これは非常にもどかしい場合がある。つまり、録画している時は未来の自分の行動を想定した上で、余裕のある行動をしなければならない。せっかちに動いてしまうと、未来の自分の行動が間に合わなかったり、ミスしたりしてやり直しになってしまうからだ。

The Talos Principle 08.12.2016 - 00.04.05.06パズル全般を通して、道具を全部持って行くためのバケツリレーと、一部のレコーダーを使ったパズルの段取り(失敗すると最初からやり直し)が面倒に感じた。あとはプレー時間が長すぎである。私は星(各マップ内に隠されているシークレットアイテム)をほとんど手に入れていないが、それでも25時間プレーした。加えて、どうしてもパズルに詰まっている時間が無駄(多忙な人ほど)に思えてしまった。

The Talos Principle 08.13.2016 - 01.25.22.07加えて、延々とパズルを解かせられている苦痛もあった。ポータルはユニークなキャラクター及びストーリーの緩急によって、最後まで飽きることはなかった。しかしこちらは、淡々とパズルを解き、ストーリーは漠然としている。断片的な音声ログや文書ファイルを参照し、対話と言えばパソコンの向こう側の相手と選択形式の問答をする。認知論や道徳論など、哲学のやり取りは興味深いとは思うが、パズルで疲弊している私に追い撃ちのごとく難題をふっかけてくるので読もうという気分になれなかった。そのため、クリアーしても脱力する他なかった。まあこれは根気のない私だからそうなのであって、人によってはきちんと楽しんで考察できるだろう。

The Talos Principle 08.19.2016 - 21.09.02.01戦闘は一切ないのでグラフィックの負荷は軽い。要求してくる推奨環境も低い。画調はフォトリアルとも戯画とも偏っていない折半した印象を受けた。各世界の雰囲気はとてもよくできているが、どこも廃墟で、しかもストーリーと直接関わっているわけでもなさそうだ。BGMも耳に残るが、20時間以上繰り返し聞かされると、さすがに飽きてしまった。

The Talos Principle 08.12.2016 - 19.47.26.01総評として、疲れた。繰り返しのパズルと漠然としたストーリーのおかげで、どうしても尺の長いウォーキングシムのように感じてしまったからだ。DLCとしてゲヘンナへの道もリリースされているが、さらに難易度が上がって、日本語化されていないので一旦パスする。

広告
カテゴリー: ADV パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中