Hatred (クリア)

hatred_3315941bスクリーンショットを撮らないままクリアした。その残虐性で議論を引き起こしたが、発売した途端に消えていった感じである。3時間半程度でノーマル難易度を終わった。簡単に感想を書きたい。

ゲームはクォータービューのTPSで、市民や当局を撃ち殺しながら目標を達成していく。3Dになった初代ポスタルと考えればいいだろう。リスポーンポイントを採用しているので、殺されてもロードなしに初期位置から復活できる(チェックポイントセーブなどはないので、中断したりポイントを使い切ったりした場合は最初からやり直し)。このポイントは、サイドミッションをこなすことで得る。瀕死の人間を処刑することでヘルスを回復し、この場面でのみカメラカットが切り替わる。

キャラの動きはもっさりしている。リロード時間なども長い。また、敵の射程が長く、画面外から撃たれ始めることも多く、しかもその精度も高い。壊された壁や窓など、主人公と敵との間に障害物がなければ、小さな隙間からも当ててくる。最も怖いのが集団の一斉射撃で、一気にヘルスを削られる。

ゲームはモノトーンなので、自分の場所や敵が視認しづらい。またクォータービューなので、照準と自分の位置の両方を常に見ておかないといけないので、普通のTPSと比べてやりづらさを覚えた。

武器は3種類持てるが、アサルトライフルやサブマシンガンなどの連射系の武器が有利。被弾アニメーションは良いが、敵が死んだかどうかはわかりにくい(持っている武器を落とした時が確実)。グレネードは集団の敵に有効だが、あまり遠くに投げられないので、扉の向こうで待ち構えている集団に投げて先制する。投げるまでのモーションがあるので、撃ちながら突っ込んでくる敵には、その間被弾する。ゲームの中にある赤いドラム缶などは爆破物である。

一部の乗用車には搭乗可能で、これで轢き殺したり、固定の銃を撃ったりできる。しかし、車両は脆いので、多数から銃撃を受けると、爆破して即死する。

総評として、ゲームとしては普通の小品TPS。残虐性云々に関しては、このような表現もあっていいと思うが、プレーしていて気分がいいとは思わなかった。ストーリーも何のひねりもないようで、余韻も感じなかった。

広告
カテゴリー: TPS パーマリンク

Hatred (クリア) への3件のフィードバック

  1. Seiryu_PGD より:

    すいません、このゲームとは関係の無い話ですが。
    Warhammer: End Times – Vermintideのキャラクターやアイテム関連のデータはサーバー側保存だそうです。なので将来の再開時に別のPCでもSteamにて同じアカウントであればそれにアクセス出来る事になります。C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Fatshark\Warhammer End Times Vermintide(AppDataは隠しフォルダ)にもセーブが有るんですが、こちらはキャンペーンのアンロック状況を保存しているのではないかという話です。

    • Z.O.E より:

      これデータ類はサーバー保存なんですか。
      今自分がプレーしているキャラクターのアイテムが出てこないので、悶々としていました。
      ゲーム中におっしゃった、アイテムトレードがあればいいのですが。

      接近戦がメインということでゲームプレーが単調でした。
      難易度が低いのでそう感じたのでしょうが、クリックゲームのよう。
      ゾンビゲームのように雑魚敵が1種類というのが拍車をかけています。
      システムもL4Dを模倣しているレベルなので、新鮮さがない。

      個人的に今の価格では……という感じなので、セール時に買います。

      • Seiryu_PGD より:

        キャラクターの装備品としてTrinket(装身具)というアイテムが在り、これはレベルアップによる基本能力の上昇が無い代わりに、装備することで様々なステータスを強化する物でゲーム中にて最も強力なアイテムとされています。入手はクリア報酬のみなのでレア度が高く、キャラレベルに応じて最大3個まで同時装備が可能。

        発売時からやはり特定のクラスのアイテムを受け取りたいという希望があり、そして今回久し振りに見たら5種のアイテム入手用Trinketsが導入されていました。これは各クラス用に計5個の意味で、それぞれ装備しているとそのTrinketの属性クラスのアイテムが高確率で出る様になるという物(現在の選択キャラクラスとは別でも構わない)。先日私はプレイクラスであるEmpire Soldier用のそれを装備していましたが、90%以上の確率でこのクラスのアイテムが入手出来ていたと思います。

        なお後に改めてゲームの基本システムなどを確認してみましたが、かなり基本的な件を知らなかったというのもあり、例えば猛ラッシュなどへの対応方法等は知っていればもっと上手く出来たと感じます。今回のフリーウイークエンドの実施にはプレイヤー人口が結構減ってきているという理由が有ったらしく、今後その成果が明確に現れなければ早目により大幅な値引きが来るかもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中