Advent Risingレビュー

注意:このレビューは、以前私のサイトで掲載していた過去のレビューを修正加筆したものです。ゲームに対する考え方等は、できるだけ執筆当時のままにします。

GlyphX GamesからのSFアクションTPS(2005年発売)。スクリーンショットやビデオはあるが、肝心の体験版が存在しないのでゲームの感触を確かめられない(この頃は、体験版が出るのが当たり前だった)が、現在はSteamで購入できる。

主人公ギデオンは有名なパイロットであるイーサンの弟として生れた。史上初めてエイリアンと接触した人類は、大使の護送船操縦士としてイーサンと副操縦士ギデオンを派遣。大使とエイリアンとの会談の中で、彼らは「Seekerと呼ばれる種が人類を全滅させる。」と預言めいた警告を発する。その会談後に正体不明の敵が現れ、人類は大混乱に陥る。そして宇宙ステーション、惑星ごと吹き飛ばされて、人類は主人公と友人を残し全滅してしまう。

ストーリーは、有名SF作家オルソン・スコット・カードが書き下ろしたもので、全3部作の序章となっていたようだ。しかし、ゲームがあまり売れなかったので、続編の開発はご破算になってしまった。

英語による会話量は多い。頻繁にムービーが入って、しかもまくし立てるように喋っている。ぼんやり聞いていると、置いていかれてしまった。

ミッション目標の表示に問題がある。目標が発生した時に、右上に短時間表示されるだけで、見損ねてしまうことがあった。それを確認するキーを探したが、わからなかった。ただ、ゲームは一本道なので、ウォークスルーに頼ることは一度もなかった。

謎解きやルート探しはほとんどなく、ほぼ戦闘一辺倒(乗り物を使用するときもある)のゲームと考えていい。ただ、戦闘はかなり激しい方で、Serious Samじゃないかと思うほどだ。プレイヤーは武器を両手に持ち、敵にロックオンしながら撃つのだが、それでも手に負えなほど大量の数が出てくる。特に中盤以降が難しくなるだろう。この時は強力な超能力をまだ取得していないので、大量の敵を銃火器のみで捌かないといけない。これはプレイヤーの嗜好によって、激しい戦闘で良いと感じるか、手に負えないと感じるか、評価の分かれ目となるかもしれない。戦闘自体はスピーディーで好感が持てたが、敵のスポーンの半端なさにげんなりしてしまった。

戦闘の量やダメージの大きさを考えると、明らかにヘルスが少ない。ヘルスがすぐに最大値まで回復する仕様なので、致命傷を負えば安全地帯へ逃げこめば良い。ただ、これでは「隠れる→戦う」の繰り返し作業になりだれてしまう。そのため、1回のプレーで長時間やれなかった。

アクションゲームでは珍しく、武器や能力のスキルを導入している。それらを使えば使うほど上がっていく。武器はその威力が増し、身体能力では、ドッシングの幅が伸びる。おまけとして、一人称視点にもできるが、ロックオンとドッシング回避ができなくなる。

普通の雑魚敵は単に撃って倒せるが、ボスには倒すための手順がある。このゲームに限ったことではないが、こういう過程を踏んで倒すボスは、やらされている感があり、あまり好感が持てない。

数箇所だけ、かなり難しい場所(無限スポーンか、一定数の数を倒せば終わりなのかわからない)があった。また、チェックポイント方式なので、死ぬとまた難所を突破しないといけない羽目になる。(ただし、チェックポイントは頻繁に入る)チェックポイントはセーブポイントと異なるので注意が必要だ。チェックポイントは「死んだらそこからやり直し」というもので、そこでセーブを行うという意味ではない。もしチェックポイントでゲームをやめてしまったら、再びプレーする時に最後のセーブポイントがロードされる。

総プレイ時間は15時間未満。戦闘一辺倒で長く感じた。1日に1時間プレイすればもう飽きてくる。律儀に戦うよりも、逃げて先に進んだ方が楽である。

敵であるSeekerは、頭がトカゲで体が人間、足が逆間接の馬とでも形容すべきか。それらが銃やアーマーを装備して襲ってくる。味方のエイリアンは魚人が流線型の鎧を着ている。両方とも出来栄えとしては並。バリエーションもあまりない。

AIは良くも悪くもコンシューマ程度で言及すべき点はない。スポーンの酷さは先に述べたが、プレイヤーから丸見えの平地から、どんどんスポーンしてくるのは如何なものか。

敵味方それぞれの火器が異なり、種類としてはそこそこあった。だが、性能は似たりよったりという感じで、特に目立ったものはない。また各武器にセカンダリーファイアがあり、それが異様に強力である。敵が使えば相当の脅威で、一番の死因かもしれない。銃の他、主人公は超能力を得ていく。攻撃用と防御用のそれぞれが用意されている。これらを使わないと倒せないボスがいる。

グラフィックが貧しく、プレイヤーに訴えるだけの世界観を構築できていない。原作者が表現したいものが、B級ゲームの見てくれに留まったようで残念だ。一方、視覚エフェクトは必要以上に派手だった。物理エンジンは搭載しているか否か失念したが、ゲームパートには関係なかった。アニメーションはリロード、ドッシングなど、なかなか魅せてくれた。顔のデザインは、日本人受けするようなアニメっぽい顔である。アスペクト比がワイドスクリーンに最適化されて、従来の4:3に設定することができなかった。

サウンドは、メインテーマの神秘的な曲調が印象的だが、それ以外は普通。銃火器のエフェクトも並以下だった。

私の環境では、敵同士のスポーンでクリッピングエラーが起こっていた。他、いくつか小さなバグがあったが、ゲームプレーに支障はなかった。

気づく人は多いかもしれないが、かなりHaloに似ている。私はあれにあまり好い印象を持ってないが、それの劣化版というクオリティーである。ストーリーに興味を持たないなら、あえてプレーしなくて良い。

広告
カテゴリー: TPS パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中