F.E.A.E.レビュー

注意:このレビューは、以前私のサイトで掲載していた過去のレビューを修正加筆したものです。ゲームに対する考え方等は、できるだけ執筆当時のままにします。

2005年に発売された、Monolith ProductionからのアクションFPS。拡張パックとしてExtraction PointとPerseus Mandateがリリースされている。これらは、現在でもSteamで容易に入手できる。

アメリカ陸軍次世代特殊部隊の隊長であるフェッテルとその部下が、実験に協力していたアーマカム社に立てこもる。彼らは特殊な兵士達で、当然通常の部隊では対処ができず、ある専門機関に対処をまかせることになる。その機関とは”F.E.A.R -First Encounter Assault Recon”。プレイヤーはそこに着任して間もない兵士だが、その優秀さゆえに困難な任務を当てられることとなる。途中、怪奇な少女の霊や幻想を何度も見るが、ゲームを通してフェッテル、少女、アーカム社、そして自分とのミステリーが徐々に明らかになってくる。

ゲームをクリアーするために、英語力が必要とは思えない。マップを散策してスイッチ等を探せば良いだろう。特に困難な謎解きやパズルはない。だが、終始ミッション目標が「パクストンを倒せ」となっている。進行を妨害するガス噴射を、どこかにあるバルブで締め上げろ…のような目前の目標ではないので、あちこち歩き回る必要があった。

字幕は表示可能だが、会話はそこそこある。自キャラは全く喋らず、またNPCとの会話も少ない。むしろ、ゲーム中に発見する留守番電話のメッセージが多い。それも、ストーリーの核心に突っ込んだ会話ではなく、「だれそれと喧嘩している暇はない。もうアレは臨界点を突破している、責任の押し付け合いをしている場合か!」と間接的な内容で、よく整理しないとわかりづらい。

シューディングの土台となる部分を簡潔に書こう。武器所有は3つまでに制限されている。アイロンサイト、およびリーンでの射撃ができる。移動感覚や銃撃感、当てている感触は優秀。アクション系だが、ダメージが大きいので無茶に突っ込めない。タクティカルほどではないが、物陰から体を傾けて、敵が出てくるのを待って倒すか、迂回して側面を突いた方が賢い。回復アイテムはストックできるので、任意に使用することが可能。進行ルートは一本道で、ちょっとしたルート違いがあるだけでリプレイ性は低い。

主人公は、スローモーというバレットタイムが使える。これは、移動力の速い敵や光学迷彩を使っている敵に有効となる。発動中の視点移動は維持されるものの、移動スピードは敵もプレイヤーも遅くなるので、1対1の戦闘には使えるが、防御体制の敵兵たちに正面から突っ込んでいくための能力ではない。この能力は時間と共にゲージが回復するので、安全地帯で待っていればいくらでも使うことができる。戦闘毎にこれを乱発するのは、ちょっと簡単になりすぎるのではと思う。私の場合、危機的な状況のみに使っていた。

その他、とび蹴りやスライディングを使って一瞬で敵を葬ることもできる。しかし、敵との接近はこちらも同様に危険で、またたくさん弾薬がある状況では、あえて使わなかった。

ノーマル全編を通して、突出して難しいと感じたことはなかった。難所でスローモーを使えば、あっさりとクリアーできる。あえてそれを使わないなら、戦闘は緊張感があっていいものになる。シビアなタクティカル系ではないが、障害物を通して慎重に進めた方がいい。ただ、幻想世界での戦闘は、何をやっていいのか不明(視覚効果で見にくい)で、わけもわからず殺されることもあった。

散策をして、アイテムや資料などを探していたので約20時間程度かかった。ゲームはほぼ戦闘か進行のどちらかになっており、ジャンプアクションなどは全くと言っていいほど見当たらない。

敵の種類は、思いつく限り6種類ほどしか出てこない。大抵が普通の兵士で、特殊な敵はたまに出現する程度である。モンスターらしきものも存在しているが、これは限定的。

一方AIは、大手ゲームサイトでベストであると称賛されている。私はよくわからないが、スプリクトを最低限にしてあるようで、自立的に縦横無尽に動き回ってかく乱してくる。状況に応じて戦うため、同じマップを繰り返しても、同じように動くことはない。警戒をすると慎重に攻めて、きちんと物陰に隠れて戦闘をし、障害物から銃だけ出して威嚇射撃などを行う。また、手榴弾も使用してくるが、自爆するようなこともなかった。

武器はFPSにありがちな武器ばかりで、奇抜なものはないだろう。レールガン、ロケットランチャー、キャノン等なども登場する。前述したが武器は3種類しか持てないので、多く弾を持っているもの(敵がよく持っている武器)を選んでしまいがち。そうなると、アサルトライフル、サブマシンガン、及びショットガン(発射モーションが貧しいので、あまり気に入らなかった)の内2つは最後までお世話になる。グレネードは相当な威力を持っていて、数人を一気に粉砕できる(またプレイヤーにも即死級の威力)。通常のもの、引っ付きタイプ、リモコンタイプの3つがあり、難所などでは重宝する。アイテムはヘルスとアーマーのみだが、シークレットアイテムとしてヘルスおよびスローモーの最大値を上げるブースターもある。

マップは主に夜のオフィス、埠頭及び施設が中心となっていて、屋外マップや広々とした場所は存在しない。マップも似たような構成が多くて、単調さが目に付く人もいるだろう。個人的に、最後の研究施設には、業務医療用の大型機材などがなく、あっさりしすぎていると感じた。Doom 3の緻密な研究施設の後にこれを見ると、貧弱に思える。

グラフィックはコントラストが低めのあっさりした色合い。またD3のように、オブジェクトを作り込んでいるわけでもなく、Half Life 2のように写実的とも言えない。環境があまり主張しすぎない結果、敵がマップに溶け込まずに済んで銃撃戦を楽しむことができた。人物のモデリングは、サイズが変だったり、人形のような質感ではない。だが、ノーマルマッピングに関しては、D3のような凹凸は見られず、能面のような印象を受けた。しかし、アニメーションのバリエーションは非常に多く、自然な動きを見せてくる。

このグライフィックエンジンの一番の特徴は、戦闘中の視覚エフェクトだろう。撃ち合いになると、あちこちから火花のエフェクトが出て、粉塵や破片が舞い、放電が発生する。特に注目してほしいエフェクトは、マトリックスで見るような、衝撃波だろう。爆発系の武器を使用すると、水晶の様な球体がはっきりと見える。一方で炎の描画は、赤い霧のようで今ひとつリアリティーに欠ける。

死体の描写も相当なもので、手首がもげたり、過剰なほど出血がでたりする。特にスローモーションとショットガンを併用した近距離攻撃では、画面いっぱいの血の爆発とでもいうのか、形容しがたいエフェクトを見ることができる。

アーキテクチャは他の同年代のゲームと比べて、やや直線ばかり目立つところもあった。窓の外の風景を見ればわかるが、張りぼてのようなビルがあってここも作り込みの甘さが垣間見えた。

サウンドに関しては、EAX 2.0に対応しているものの、マップがオフィス中心で、それほど反響等の効果が出ていない。銃火器のエフェクト音は、リアリティーがあり好感が持てる。BGMは「キーン…」などの単純な音の組み合わせの環境音が中心。私が買ったバージョンは音声は全て日本語で、質も十分合格点レベル。

私の環境では、D3のEAXを有効にするために、ベータ版のグラフィックドライバーを使用していたが、無線の音声が聞こえなくなるバグが発生した。ハードウェアドライバー有効を切れば、治る症状だが、そうした場合ゲームが重くなってしまった。

総評として、戦闘ばかりで単調と思う人もいるだろうが、私にはその戦闘が面白かったので、全く飽きなかった。敵の種類が多ければ、もっと楽しめたと思う。FPSが好きな人は是非買ってプレーしてもらいたい。

広告
カテゴリー: FPS パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中