Doom 3レビュー

注意:このレビューは、以前私のサイトで掲載していた過去のレビューを修正加筆したものです。ゲームに対する考え方等は、できるだけ執筆当時のままにします。

2004年に発売され、長い間続編が期待されていた新作FPS。現在Steamにて購入可能で、拡張パックとしてResurrection of EvilとThe Lost missionの2つが出ている。

火星における多目的研究施設で、UACという会社が古代遺跡やテレポートの研究をしていた。プレイヤーである海兵隊がその施設に到着すると、地獄とのゲートが開いてしまい、地獄絵図と化してしまう。そのため、ゲートを塞ぐために孤立奮闘することになる。

クリアーするための英語は、ミッション目標を読む英語力で十分である。ゲーム中にそこそこの量の会話や文書があるので、ストーリー追ったり、シークレット的な要素にアクセスしたりするには、相応の英語力が必要だろう。尚、会話に字幕は付かない。

当時このD3はサバイバルホラーシューティングと呼ばれていたが、今考えると違和感がある。というのも、最近はこれよりシューティング性が低い、乃至逃げるだけのホラーゲームが数多あり、それらをサバイバルホラーと認識するなら、D3は純然たるアクションになってしまうからだ。また主観的に見ても、ホラーゲームと呼ぶには疑問が残る。確かにモンスターの奇襲で驚くことはあるが、自分は武器や弾薬を大量に持った海兵隊なので、取り立て恐ろしいと感じたことは一度もなかった。当時「暗すぎる!」と不満を抱いていた人は多かったが、その人たちもアクションゲームと認識していたのだと思う。一方で、開発者は「影の要素をゲームに落とし込むにはホラーゲームがいいけど、Doomの名を冠する以上シューターとしての快楽性も必須だから、両者が両立するようなデザインにしよう。」としてあのような仕様に仕立てたのだろう。ちなみに私は、従来の熱心なファンではなかったので、ゲーム性が変わったことへの不満を感じなかった。

少しレビューから逸れてしまったが、簡単にゲーム性を述べると、暗いマップをフラッシュライトで照らしながら進み、敵が出てきたら銃に持ち替えて戦うFPSである。弾薬やヘルスは大量にあるので、節約する必要はない。ただ、プレイヤーの移動力の低さ(スプリントできる)が気になり、普通の戦闘ではともかく、ボスの攻撃を避けるのには遅すぎる(常時スプリントしておく必要がある)と感じた。他、過去作品にも見られたトラップ的な敵の出現に頼りすぎている部分もあった。

難易度ノーマルだと、かなり簡単な方だろう。弾薬やヘルスは不足することはない。せいぜい敵にはめらた時に苦戦する程度。ハードにすると、敵からのダメージがかなり大きくなるが、アイテムの制限までは課されなかった。ナイトメアモードは根本からゲーム性を変えてしまうので未プレーである。

総プレイ時間は35時間程度。最近は短いゲームが多いので、結構なボリュームに感じた。ゲームは完全な一本道なので、リプレイ性は皆無である。

敵は旧作に出てきたモンスターをリメイク(全部が出てくるわけではない)している。昨今は発達したAIを使いたいがため、兵士が出てくるゲームが多かったのだが、モンスターが主となるD3は新鮮だった。ただ、余りにもインプの出番が多かったのが気になる。一方、AIは単に死ぬまで攻撃してくるものが大半。中には兵士のようにカバーに隠れているものもいるが、賢い行動をとったりすることはない。

武器旧来のものが出てくる。残念ながら本編ではダブルバレルショットガンが出てこないが、これは拡張パックで出てくる。

ゲームの7割が停電した研究施設、2割が地獄、1割が古代遺跡で戦う。私自身はシューティングが面白かったので気にならなかったが、「暗くて似たような施設が多すぎる」と言う評価をよく聞いた。

このDoom 3エンジンはいかにも高負荷で、GeForce FX6800でもなければプレーできないと懸念していた。私の環境では、800*600まで解像度を落とすと、ハイクオリティー設定でプレーできた。比較対象として適切ではないが、体感的にFar Cryより明らかに軽い。ただ、敵を倒し損ねて、同時に5体出現させたことがあったが、この時はフレームレートが一桁まで下がってしまった。

作り込みの緻密さは尋常ではなく、誰もこのような所までチェックしないだろうという場所すら作り込んである。まさに過去のゲームとは一線を超えているレベルである。せり出した柱、垂れたケーブル、壊されてひん曲がった鉄骨など、直線がやたら目につく室内は一切ない。

またDoom 3エンジンと言えば、影の生成が大きな特徴である。しかし、私がこのような技術に疎いので、残念ながらよくわからない。言い訳に聞こえるが、そもそも影というのは光源あってのものなので、真っ暗に近いこのゲームでは、全面に主張してこない。目につくのは、例えばインプが火炎球を出した時に、後ろの壁に自身の影が投影される。プレイヤーの意識としては、「ああ、これがリアルタイムでレンダリングされた影かぁ…」と一瞬意識が行くものの、それだけである。

物理エンジンは独自のものを搭載しているが、敵の死骸が即刻消滅していく。そもそも干渉できるものがほとんどなく、ゲームプレイに落とし込んだHalf Life 2と比較して全く目立っていない。

BGMはオープニング以外は入らず、不気味な環境音が流れている。そのクオリティーは及第点。パッチでEAX 4.0に対応させたが、これにより反響効果が強くなった。

私の環境では、特に不具合などは発生しなかった。しかし、書き込み可能なドライブやファームウェアが存在するとインストールが不可能になる問題が発生している。

総評として、これはFPSの金字塔とも言える作品の最新作なので、万人すべからくプレーすべきだろう。私自身はDoomシリーズは未経験だったので、3と過去作品を同時に攻略していた。少し卑怯な評価になるかもしれないが、どちらが良いというよりも、方向性が違うだけで、どちらも面白かった。

広告
カテゴリー: FPS パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中