Chaserレビュー

注意:このレビューは、以前私のサイトで掲載していた過去のレビューを修正加筆したものです。ゲームに対する考え方等は、できるだけ執筆当時のままにします。

2003年に発売されたアクションFPS。当時メディアクエストからの完全日本語版が出ていた。現在Steamで入手可能。インターフェイスが日本語サポートとあるので、日本語表記されると思われる。

一見してQuakeのように、突っ込んでガンガン撃ちまくるFPSだと思っていたが、被弾ダメージが大きいので、そこまでアクション性が高いとは言えない。アドレナリンモードという、所謂バレットタイムが使えるが、個人的にあまり使い勝手は良くなかった。ヘルスがほとんど無い状態で使ってみたりしたが、大抵殺されてしまった。他、Half Lifeシリーズでおなじみの、ジャンプ+しゃがみ動作が必要な時がある。

殆どアドレナリンモードを使用しなかったが、慎重に進めれば難しいとは感じないだろう。しかし、敵が露骨にスプリクト湧いて出てきたり、顔を出した瞬間に射殺される箇所などがあっていやらしい。同様に、ミッション目標表示が大雑把すぎる。例えば、「要塞を脱出せよ」と目標(数ステージ分の目標)があったとすると、脱出するに至るまでの障害が何で、どうすべきかは全部自分で考えないといけない。

ストーリーは記憶喪失の主人公が、大きな陰謀に巻き込まれていくというありきたりなものだったが、個人的に興味を惹かれるものではなかった。というのは、物語の核心部分はエンディングで一気にネタバレという感じで、序盤から中盤はあまり進展がなかったからだ。

プレー時間は30時間ぐらいで、短めがトレンドの最近のゲームの中では長めだろう。最後のチャプターが同じ施設で延々と戦うので、飽きてしまった。

敵は兵士ばかりで、モンスターなどは一切登場しない。AIで気になったのが、やたらと反応が早くて射撃密度が高い。また、背景に溶け込んでいて、撃たれてはじめてその位置がわかるという具合。スタック等の不自然な行動は見なかったが、能動的に動いてくることもなかった。またリロードは突っ立ったまま行うこともあった。

武器は実銃をベースにしているものがほとんどで、SF武器はほとんど登場しなかった。そのため、どれも同じで差別化できているとは思えない。パワードスーツを着込んで戦うシーンもあるが、これもこれといって面白いとは感じなかった。

マップはサイバーパンクをイメージしているような気がする。しかし中盤までは地球で戦うので、あまりSFという感じではない。後半で火星に行くので、そこから雰囲気が変わる。

グラフィックはこのゲームの押しの一つである。細かいと言うかすっきり綺麗という印象。DirectX8世代の中では、最も軽くて綺麗な1つであろう。水面の反射が素晴らしく、しばし見とれてしまったほどだ。

BGMは世界観にあった物悲しいテクノがマッチしているが、武器エフェクトが貧弱で、全く迫力がない。EAXにも対応してたようだが、これの効果もいまいちだった。

バグには発生せず。

総評として、グラフィックが少し秀でている佳作といった感じか。今からこれをプレーする意義はあまりない。

広告
カテゴリー: FPS パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中