Operation Flashpointレビュー

注意:このレビューは、以前私のサイトで掲載していた過去のレビューを修正加筆したものです。ゲームに対する考え方等は、できるだけ執筆当時のままにします。

2015年現在、SteamからARMA: Cold War Assaultと名称が変更されて販売されいる。当時はイマジニアから、分厚い完全日本語翻訳マニュアルが付けられて発売されていた。(現在はゲーム事業から撤退)

その厳しいゲーム性は万人が知るところであるが、冷戦をテーマにしたリアル系FPSである。広大なアウトドアを移動するので、索敵を疎かにしていると、不意に頭を撃ち抜かれて終了する。敵との交戦は遠距離が基本なので、とても小さなサイズを狙い撃つことになる。生身の歩兵では、装甲を有する敵に極端に弱く、あっという間に味方の部隊もろ共全滅する。普通のFPSでありがちな、「この後装甲車が出てくるので、ここにあるロケットランチャーを持って行って使って下さい」的な親切な設計は一切無い。味方AIがいないと死角を補えないので、単独行動のミッション難易度はさらに高くなる。ゲーム中盤からは自分で部隊を指示しなければいけなくなるので、その慣れも必要である。

またこのゲームの醍醐味は乗り物といっても過言ではなく、装甲車輌、攻撃ヘリ、攻撃機が使用可能(民間用の自動車や2輪車も含む)である。インテリアなどもきちんと再現されてある。

クイックセーブは1つのキャンペーンミッションに1回限りなので、これも難易度に拍車をかけた。

拡張パックはRed HammerとResistanceの2つが出ている。追加シナリオの他、追加ユニット等やAI改造、グラフィックエンジンの強化、バグフィックスなどが含まれており、導入をお勧めする。

シングルプレーは70時間(拡張パックを含む)を超えた。私がリアル系を苦手としていたのを差し引いても相当遊べるだろう。またこのゲームはMODフレンドリーなので、数多くのユーザーマップやゲームモードが追加でき、さらに遊び込むことができる。

ゲームには、キャデットとベテランの2種類の難易度がある。キャデットでも相当な難易度になるのは間違いないが、ベテランだとさらにリアル志向になる。FPSの照準が消えたり、Map上での現在位置が消えたりしたりする。

ストーリーは冷戦時代、核弾頭を持ったソ連の一派がクーデターを起こしたので、NATOが紛争に巻き込まれていく。本編ではプレイヤーが操る主人公が何人もいる。Red Hammerはソ連兵側から見たシナリオで、Resistanceは本編よりも少し前を扱っている。個人的には戦闘起こっていない、つかの間の休憩とか、各ミッション後の物悲しさが上手に表現できていた。

AIは人間らしい動きでかなり良くできている。ゲーム序盤では部隊を指揮するのがAIなのだが、極端に離れた場所の敵を見つけたり、射撃能力が高いという不自然さは無い。そのため、ミッションはかなりランダム性が強く、一人も戦死者を出さずにクリアーする事もあれば、もしくはあっという間に隊が全滅してしまう事もある。しかし、乗り物を操るAIにはバグが散見した。蛇行運転や、明らかにおかしな進路設定をしたり、あさっての方向を射撃したりする。特に戦車では、運転手も射手も緻密な操作が必要なのだが、プレイヤーがこの二役をしないとまともに戦えない。これは最終パッチでもそう改良されなかった。

当時はかなり負荷を出すグラフィックだったが、今現在は特に厳しい事も無いだろう。これは当時から感じてた事だが、広大なアウトドアを描写する代償として、屋内の描写を苦手としている。武器や車両機は良しとして、自然や人間に違和感を感じた。

マップは、大小の島が3つほど用意してある。時間帯や天候があるので飽きることはなかったが、どこも針葉樹林が広がる寒々しい所でバラエティーに富んでいるとは言えない。

サウンドは拡張パックのResistanceから大幅に一新された。それでも軽め、もしくは地味な銃火器音に変化は少ない。当然これらはリアルを追求しているわけで、Medal of Honorのようなインパクトのあるサウンドを目指しているわけではないので問題はない。戦車などのキャタピラ音はかなり遠くから聞こえてくる。最初「なんかBMPのような音がするけど、自分の聞き間違えかなぁ。」とあまり気にしないでいると、どんどん大きくなって実際に現れた時には驚いた。BGMは物悲しい曲が多く、拡張時はロックが増えている。

発売当初は相当なバグがあったが、v1.9以降のパッチではほとんどの致命的なものは直されている。

総評として、現在は後継作品のARMA3が発売されているので、そちらをお勧めする。リアルなゲーム性がゆえ、かなり人を選んでしまうゲームだが、ミリタリーが好きな人はプレーすべきだろう。

広告
カテゴリー: FPS パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中