Deus EXレビュー

注意:このレビューは、以前私のサイトで掲載していた過去のレビューを修正加筆したものです。ゲームに対する考え方等は、できるだけ執筆当時のままにします。

このゲームはかなり英語力を要する。FPS的な要素を含んだRPGとみなした方が良い。会話ログが残るので、会話の度にゲームを中断して、英和辞書をめくりながら読み解いていたら、とてもテンポが悪くなった。ミッション目標だけを読む場合でもクリアーはできるが、自分が何をやっているのかわからず面白くない。

GOTY版はSteamで販売されているので、ゲームの入手は容易である。かつて完全日本語版も出ていたが、現在中古でしか入手できず、しかもプレミア価格がついている。

このゲームは、目標に対して幾つものアプローチがある。例えば、正面切って戦闘で突き進んでもいいし、ステルスでこっそり進んでもいい、はたまた会話で解決できることも多い。主人公のスキル育成要素があるので、自分の好きなスタイルに仕立てていくことができる。私は、スキルポイントをほぼ全て戦闘に振ったが、それでもUnreal Tournamentのようなアクション性を得ることができなかった。個人的にこのゲームプレイはあまりにも複雑で、ネタバレ覚悟で攻略サイトなどを見ていた。

会話をどれくらい読み込むかによって、プレー時間は変わると思う。私の場合は、(所々辞書を引きながら)英文を読んでいたので、35時間とかなり長くなってしまった。

ノーマルでプレーしたが、ゲームに慣れるために序盤で苦労した。ステルスを維持したり、大量の敵を倒したりする難易度は高い。一方、ジャンプアクションやパズル要素はほとんどなかった。

ストーリーはかなり複雑である。私の英語力では、残念ながら細かいところまで読み解けなかった。しかも、中盤から英文を読む忍耐力も尽きて、以後流し読みしかやっていない。

AIは及第点。一部の複雑なマップでは、敵がスタックしていた。

マップは全て夜なので、単調に感じた。アウトドア、インドアともに普通で、最後のマップぐらいしか印象に残ったものはない。

グラフィックは、旧アンリアルエンジンを使用している。Unreal Tournamentと比べて、貧弱に感じた。特にキャラクターのモデリングがヒョロヒョロとして、表面が光沢があり、まるでプラスチック人形のように感じた。アニメーションも、人形みたいにぎこちない。

武器・アイテムは一通りステルス用、戦闘用とのたくさんの武器が用意されている。奇抜なモノは存在していない。

銃火器などのサウンドエフェクト音は地味。BGMはオープニングテーマは強く印象に残っているが、その他は環境音であまり意識しない。戦闘になると、それっぽい曲になる。

プレー中に特に不具合やバグなどの問題は発生していない。

総評として、まずストーリーやゲームシステムを理解するために英語力を要するゲームなので、人を選んでしまうだろう。ネタバレ覚悟で攻略サイトを見て欲しい。アクション系FPSが好きという人には勧められない。

当時革新的な要素を導入したゲームとして、歴史的傑作と評価が高いが、どうも個人的に合わなかった。

広告
カテゴリー: RPG パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中