Syndicateレビュー

Syndicate 2013-02-08 19-48-05-79StarBreezeによるSci-Fi FPS。特殊能力を使って進んでいく1本道のオーソドックスなFPS…と評すると「またステレオタイプのFPSか…」とうんざりするかもしれないが、これは特殊能力を物語と戦闘に上手に組み込んでいた。

人体にバイオチップを埋め込んだ未来で、Deus EXやサイバーパンクのような世界観に近い。主人公は敵のそれにハッキング(敵の自殺、一時的な無力化、混乱)したり、Dart Overlayとよばれる、スローモー+攻撃力&防御力アップ+透視を使って戦っていく。戦闘の触感はFEARに近い。

Syndicate 2013-02-08 19-34-38-71中ボス以上の敵は、必ずハッキングでシールドを無力化してから攻撃をする必要がある。しかし、こちらのハッキングを妨害するジャマーを背負った敵やEMPグレネードも出てくる敵もいるので、倒す手順を考えなければならない。

ハッキングは他にも機械を操作してカバーを作ったり乗り物を遠隔で爆破させることができる。他Dartのスローモーションと組み合わせてちょっとしたパズルを解くときにも使う。

Syndicate 2013-02-08 19-32-45-25ボスを倒すとチップを回収し、それを各種能力アップに当てることができるが、その数は多くないので慎重に行ったほうがいいだろう。ヘルスは例によって自動回復であるが、かなり撃たれ弱い仕様になっている。そのためその底上げを図ったほうがよいだろう。

Syndicate 2013-02-08 20-20-43-54武器は一般的なものが揃っているが携帯できるものは2つまで。ロケットランチャーやミニガン等の大型武器は別に持てるものの、武器チェンジをするとその場に落としてしまう。グレネードは敵が投げたものをハッキングで無力化して回収する。またDartと貫通系の武器を使うことで壁抜きを実現している。それらの武器は頻繁には出てこないが、少なくともRed Factionよりは活用できた。

Syndicate 2013-02-08 19-30-02-81不満点としては、兵士タイプの敵ばかり(ドローンはいるが)で少々飽ききてしまうことがあった。イベントタイプのステージも少ないので余計拍車をかけていた。次に、イベントのFキーの連打は不毛。そこまで頻繁には登場しなかったが、やっていて情けなくなる。そして、画面中央のグラフは目障り。最後に後半のボス戦では、ハッキングを前提とした戦いのため一々Eキーを押さねばならず面倒くさい。

しかしながら、(僕が久しぶりにFPSをしたせいもあるかもしれないが)予想以上に楽しめた作品だ。上記のようにFEARなどのシューターが好きな人は買ってもいいだろう。本作はまたCoopにも対応しているので、またフレンドを誘ってプレーしたい。

広告
カテゴリー: FPS パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中