Payday: The Heist Coop (クリア)

難易度ノーマル、通して3時間程度でクリア。我々のレベル構成は20から110オーバーと、かなり差があった。

ゲームの概要を簡単に説明すると、Coopに特化したFPSである。Left 4 Deadに可也近いが、こちらは強盗と当局の銃撃戦をメインに据えている。マップは6つあるが、(一部ステルスが含まれているものの)やるべきことは基本的に同じである。先にレベルと書いたが、プレー中に現金などを拾ったり、アクティブチャレンジを達成したりすることで、収入を得る。一定数の現金を集めるとレベルアップとなり、武器や装備品の種類が増えたり、その性能がアップしたりする。高難易度ではこれらのレベルアップは必須。

プレーの感覚は軽い。移動スピードは速いし、銃撃の感覚もちゃちである。敵の肢体損傷などもなく、一瞬血糊が噴出すだけ。ヘッドショットはヘルメットが飛んでわかりやすいが、滑稽と映るかもしれない。プレイヤーはシールドとヘルスの両方を持ち、シールドは一定で自動回復。ヘルスの回復は、ヘルスパック(道中落ちていない)かダウンからの蘇生しか方法がなく、なるべくシールドまでの被弾に留めた方が良い。ダウンすると30秒間味方の蘇生待ちとなり、以後逮捕され3分間(一般市民を誤射すればペナルティーとして+10秒)拘束される。一方で市民を拘束し、人質交換とすることで即復活が可能となるが、この人質は連れ歩けない。

銃撃戦は遠距離が主体となるので、アイアンサイトを覗きながら、ちまちまと撃ちぬく作業になりがちである。猛ダッシュで駆けて来るゾンビを撃ち倒すよりも飽きが早いだろう。また、先にも書いた「軽さ」が鼻につく人もいるだろう。個人的にきつかったのが、異様なまでの敵数を処理しなければいけないこと。Coopでは大量の敵が不可欠というのは重々理解しているが、(ノーマル難易度ですら)これは余りにも度が過ぎている。とにかく至る所からスポーンしているので、ワンゲームの中盤から疲れてしまう。ポリスアサルトという所謂ラッシュでは、大量の警官と共に、凶悪な特殊部隊もやっていくる。シールドは正面からの攻撃を無効化し、テイザーはこちらの動きを封じ込め、ブルドーザーは重装甲で攻めてくるし、クロウラーは一撃でダウンさせる攻撃をする。また、1つのマップをできるだけ長くプレーする設計になっているので、余計冗長と感じた。加えて、グレネードランチャーやスナイパーライフル等が存在しないので、ひたすら連射系の武器を撃つ作業になって疲れてしまう。どうしてこのようなバラエティーを排してしまったのか理解しがたい。一方、弾薬は敵数に対してかなり少なめ(アモバッグを除けば)なので、節約と回収を意識する必要がある。このような弾薬管理の要求は、一定の緊張感を保つので良いと感じた。

敵AIの動きは優秀と感じた。スタックや不自然な動きは見かけなかった。階段等の複雑な地形においても、きちんとプレイヤーを認識してくる。最近のパッチで、プレイヤー側がこじ開けたルートやバスの上などからも突っ込んでくるようになった。しかし、認識力と射撃密度も高すぎる。遠距離においても、プレイヤーが体を晒すと即座に反応し的確に撃ち込んでくる。

独立したシングルプレーがない分、オンラインのリプレイ性に期待したい所だが、ちょっとしたオブジェクトの位置が変わっている程度で、そう何度も繰り返しプレーするものではない。しかし、レベルを最高まで上げるには相当な時間を要する。早急な追加コンテンツが必要である。

Coopにおいては、それなりの協力を必要とする。倒れたプレイヤーを蘇生するのは当然である。他、金庫をこじ開ける為にカッターを設置して数分間それを防衛するが、これが時々再起動を必要とする。その再起動で体を晒すことが多い。他、篭りができる場所を排しているようで、どこにいても4方に気をつける必要がある。個人的に一番重要と思ったのは、進行のペースを合わせることだろう。上記の通り、本当に大量の敵が襲ってくるので、部隊の分断は全滅を意味する。他のプレイヤーを省みずに進む人は、前面の敵から蜂の巣にされダウン、それを助けようとしたプレイヤーも「ミイラ取りがミイラ」状態に。残りのプレイヤーもジリ貧となって全滅、これである。同様にぐずついているプレイヤーも、部隊の火力を低下させていることになり、迷惑をかける。独断行動などはもってのほかである。ポリスラッシュの時は全員で篭り、それに耐えたらお互いをカバーしつつスピーディーに進んでいくのが望ましい。

L4Dのフォロワーとして、それから学んだ部分は相当あるようだが、個人的にはそこまで面白いと感じることはなかった。寧ろ、銃撃の軽さ、敵数の多さ、リプレイ性の低さなど、看過できない点の方が強かった。フルプライスでなかった分、それなりのクオリティーと覚悟していたので、まあこんなものだろう。

広告
カテゴリー: マルチプレイ, FPS パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中