Alice: Madness Returns (クリア)

クリアー。どのマップのテーマも素晴らしかった。明らかなクオリティーの差はなく、どれも優劣付けがたい。どのテーマも、進むにつれてその狂気の度合いが増してくる。印象的だったのは、やはりトランプの城だろう。

武器は接近武器、遠距離武器それぞれ2つある。歯を集めることでアップグレードでき、私がプレーした限り、最終ステージ付近で全てを最終グレードまで上げることが可能だった。近距離と遠距離、それぞれ1つずつ上げていけば良い。

謎解きはバラエティーに乏しい。殆ど同じようなパズルが繰り返し出てくる。これを発展性がないと捉えるか、ややこしいのは御免蒙ると捉えるかは個人の判断となるだろう。ただ、序盤に比べて終盤は、ジャンプする飛距離が長くなったり、時間制限ギリギリで突破するようになっており、難易度は上がっている。

記憶の断片やらビンなど収集物がやたらと多いのだが、バラのペンキ(4つ集めると1つライフが増える)以外は特に無視しても良い。

戦闘は最後まで少なかった。ただ、難易度ノーマルではそれなりに苦戦した所もあった。特に中ボスクラスの敵が複数と、その取り巻きが無限に出現する所は、個人的な難所だった。章ごとのボスはいないが、ラスボスは存在するので安心して欲しい。

YuPlayで1500円程度で買ったのだが、非常に満足している。ちょっと前作にも興味が出てきたのでAmazonで注文した。一時寝かせてプレーしてみよう。

広告
カテゴリー: ADV パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中