The First Templar Coop (1)

日替わりセールで、The First Templarが7.5ドルと安かったので買った。事前にUnkさんの記事を読んでいたので、期待しないでやってみたが、まあこの価格が妥当だろう。詳しい内容は彼の記事を読んで欲しい。

アクションRPGで、敵を叩き切りながら進んでいくのだが、兎に角この戦闘が地味というか、迫力がないというか、爽快感が皆無。出血は地味で、ゴアもなし、魅せるようなモーションもなければ、音響エフェクトも記憶に残らない。ぎらつくような視覚エフェクトも存在しない。ゲームの核となる戦闘が、このように貧相でしかも終始続くとなると、致命的であると言わざる得ない。Coopでは愚痴りながらプレーしたのでそこまで感じなかったが、これを1人で黙々とするとなるとちょっと考えものだろう。Coopを導入していて正解だと言える。

しかし、このCoopも正直褒められたものではない。なぜなら、クライアントキャラのスキル割り振りなどは、全てホスト任せだからだ。また別の装備品や装飾品も完全に集めていないので試すことができないが、おそらくそれもホストのみのアクセスだろう。こうなると完全にクライアントプレイヤーは、お助けキャラという感じで萎えてしまう。他、CoopでやるならHardでやった方がいい。Unkさんとノーマルでプレーしているが、1度もゲームオーバーになったことがない。蘇生は、水色のアタックオーブを1つ消費するが一瞬で完了する。

努力を認めてやる点として、戦闘にバリエーションを施そうとした形跡が見受けられる。非常に粗野なステルス、投石器の弾丸、トゥームレイダーばりのトラップステージなどがある。遠投投石器で敵の軍勢と攻城塔を蹴散らすミニゲーム(Total Warの規模ではない)では、ミスした頭数だけ壁をよじ登って、こちらと戦闘となる。

グラフィックは、前世紀の遺物と断罪してもいいくらい古臭い。壊せるものは何もないし、インタラクトできる物もほとんどない。木々は固定して静止したような気味悪さがある。キャラクターの声も男性2人は共に抑揚のない虚ろな感じで大根丸出し。

致命的なバグは特に発生しなかったが、時々一瞬だけ固まる現象が出ていた。また続きをする予定だが、今後もあまり評価は変わらないと思う。

広告
カテゴリー: マルチプレイ, RPG パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中