Battlefield: Bad Company 2 (クリア)

一気に終わらせた。結論から言うと良かった。いや、マルチプレー主体のゲームでシングルはオマケと多寡をくくっていたので、良い意味で予想を裏切られた。大抵このようなマルチ主体のシングルプレイヤーモードは、マルチのマップをそのまま使い、お馬鹿なAIをひたすら撃って、ストーリーもへったくれもなく淡々と進み、達成感の無いままクリアーに至る。換言すると、マルチのチュートリアル的な意味合いが強い。このゲームは、きちんとストーリー、ムービー、キャラクターを用意して、ひとつのまとまりある物語を提示していた。

戦闘にも満足している。大よそCOD: MWシリーズとなんら変わりはない。自動回復、銃眼視点を採用し、色んなロケーションを渡りながら、歩兵や装甲兵器を倒していく。しかしあのゲームに付随するくどさ、爆発オンパレードの嫌らしさは感じなかった。良かったのは、うっそうと茂ったジャングル若しくは廃墟のような、込み入った場所でも、敵の弾が曳航して認識し易かった、遠くからでも当てている感覚が把握しやすかった(通常の場合は、ヒットアイコンが出る)、乗り物の挙動が自然で運転しやすかった、ドルビーデジタルによって、銃撃戦の遠近感が上手に再現できていた…などが挙げられる。一方、気になったのは、新しい武器を発見すると「これがアンロックされました!」みたいなポップアップが出る、マップにいたるところに全ての武器にアクセスできる補給ボックスが置いてある、ベルト給弾式のライトマシンガンで、残り数発になってもグラフィック上ではまだ沢山の弾薬が描写されている、リロードアイコンが目障りでヒントを切ってしまうと、インターフェイス全てが消えてしまう点が挙げられる。

プレー時間は、正確に測っていないので10時間未満だと思うが、時間がない今の私にとっては寧ろ好都合。劣悪なFPSより断然できがよくて満足している。

広告
カテゴリー: FPS パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中