Dead Space 2 (クリア)

これをプレーするにあたって、前作の記事を読み直した。そんなに誉めそやすゲームだったかと思いつつも、いざプレーしてみると前作の好感触が蘇ってきた。前作同様、確かに面白く止め時が見つかりにくい。合計10時間程度だが、一気にクリアーしてしまった。

キャラクターの移動が鈍いので、しっかり地に足をつけて歩いている感覚がある。また敵の肢体を細切れにする感触も心地よい。前作のマウス感度の問題は、ホラー要素として活きていたかもしれないが、個人的には少々もどかしさを感じていた。今回、それは取っ払われて普通にグリグリと動かしまわすことが可能(ただFPSのような取り回しのよさ程ではない)。

ゲーム性は、前作と全く一緒と看做しても過言ではない。暗い一本道で敵を切り刻みながら、スーツや武器を改良していく。途中クイックタイムイベントや無重力などの小さなイベントが入るのも同じ。謎解きは何箇所か迷ってしまった。このゲームでは、強く光っている箇所が謎解きの解答となっているので、そこを中心に探ってみるいいだろう。一定時間うろついていると、アイザックがヒントとなるほのめかしを言う配慮がある。また、前作でもそうだったが、ムービーシーンとばかり思ってEキーを連打せずに、殺されてしまったことが多かった。シームレスで気が抜けないという点では評価すべきだが、逆に本当のムービーシーンで必要が無いのに連打したり、連打の準備をするマヌケなこともやってしまった…他、前作と比較してこれといったボス戦が無かったのはマイナス。

変わった点と言えば、主人公が喋るようになった、幾つかの新しい武器・敵が導入された、マルチプレーが導入されたぐらいだろうか。シングルプレイで見るなら、明確な新要素や洗練された要素は見当たらない。グラフィックは改良されているとは思うが、そこまで劇的な進歩とは感じない。ただ、マップ構造は相変わらず高レベル。暗くてじっくり観察できないのが玉に瑕だが、細かいところまで作りこんである。本作はショッピングモール、教会、学校など、生活観がある場所があって好感が持てた。それ以外は常にお決まりの施設で、もうちょっと変化に富んで欲しかった。

シューティング、グラフィック、サウンドなど、ゲーム各要素のレベルは高い。安定したクオリティーなので、万人に薦められるだろう。

広告
カテゴリー: TPS パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中