Bulletstorm Coop接続テスト

シュピーン、ジャガジャガジャガジャン、ドカーン!ロゴ五月蝿すぎ。Sanctumの後、SKYは落ち、Unkさんと二人でBulletstormのCoopテストを行った。

BulletstormのCoopは、かなり特異に感じた。ウェーブ毎に敵が一定数スポーンするので、それを蹴散らすゲーム(1マップ20ウェーブ)である。しかし、戦闘で得られた得点を一定基準に満たさなければやり直しとなる。電撃や棘などマップに配置されているトラップを利用して殺したり、他のプレイヤーと協力してコンボを決めたりすると高得点に繋がる。一方で、普通に銃殺した場合は、それらの1/10程度しか得点が入らない。

ウェーブ開始時には、ロッカーが投下(戦闘が開始されると、爆破する)され、そこで武器のアンロック、アップグレード、弾薬の補充(プレイヤーの能力を含む)が可能となる。ゲームの核となるリーシュのアップグレードは必須で、特に追加能力のサンバーの保持は、高得点のコンボには必要不可欠。他の武器については、まだ私がシングルをプレーしていないので、使い勝手がわからなかった。ただ付加得点を得るのに重宝しそうだ。

これは開始早々、シングルプレーによる予習が必須であると痛感した。今回、未プレーのままテストしたので、Unkさんに迷惑をかけてしまった。時折「二人共同でコンボを決めたら高得点が入る敵」が出現するのだが、その倒し方を習得していなければ、終盤ウェーブのクリアは厳しい。一応Nキーでコンボの手順を確認できるものの、実際コツを掴んで試さないと失敗になりがち。蹴り飛ばしたが、そのまま死んだとか、うっかり棘に突き刺さったとか、そのまま吸引口に吸い込まれたとか、失敗する要因もかなり多い。

4人でやる場合、2人はある程度の経験者でなければ厳しいと感じた。序盤は適当にプレーしていてもクリアは可能のようだが、中盤以降は、自分で自分の敵を殺すのではなく、他のプレイヤーが蹴り上げたり縛り上げたりした敵を積極的に狙う必要がある。とにかくこれは個人プレーに走るのはまずい。また、いくつかの共同コンボを決める為にボイスチャットは必須だろう。

一方、シューターとしての要素は希薄で、銃撃戦の駆け引きを求めている人には絶対に合わない。「敵を倒す」のが目的ではなく「敵を『どうやって』倒す」のかが主たる狙いとなっている。敵も一応動き回ったり、攻撃してきたりするのだが、全く意識しない。一応こちらもダウンするのだが、他のプレイヤーの蹴りかスライディングで即刻復帰できる。それに、特にペナルティーも課せられない。アイアンサイトはあるものも、スロー状態になった敵の部位を狙うぐらいしか思いつかず、ほとんど使用しなかった。

「ウェーブ毎に出現する敵を、各個人が好き勝手に倒していく」タイプのCoopに陥っていないので、この点は大いに評価したい。ただ、事前の予習が必須で、野良サーバーだと知らないプレイヤーとの協力が難しいと思われる。協力の度合いが大きいので、これは早くプレーしてみたいと感じた。

広告
カテゴリー: マルチプレイ, FPS パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中