Duke Nukem Forever (2)

移動スピードは割りと速く、その感覚はフラットでDoom 3に近い。銃火器は、今のところピストルとショットガンと敵のブラスターしか手に入れていないが、あまり迫力はなく撃っている感覚に乏しい。肢体がもげるが、被弾による出血は少なく当てている感覚も少なめ。武器所持が2つで、右クリックがズームというタクティカルFPS仕様で、どうしてこうなったのか疑問に残る。またHUDはヘルスと弾薬が上部に移動しているので、つい定番の下部に目が行ってしまうことも。ヘルスは自動回復だが、シークレットを調べたりすると、その上限が上がる要素もある。スペースを連打するアクションがあるが、正直これは面倒くさい。あと、セーブはチェックポイント式。

今からダムに向かうところだが、ドンパチよりもピンボール、スロット、バーベルで興じていた印象が強い。とにかく脱線しまくりで、どうして製作者は、こんな余興に手を込んでいるのかと失笑してしまった。前作3Dのシークレットを意識して作ったのだろうと思うが、それを知らない人には「シューター要素が等閑になっている!」と声を荒げるかもしれない。戦闘は敵の弾を避けながらこちらの射撃を当てる、古典的なシューター。最近は猫も杓子もカバーアクションでウンザリしていたので、非常に新鮮に感じている。

ピンボールの遊び方がわからない。ボールが落ちないように動かしているだけだが、どうやったら高得点ができるのか。

広告
カテゴリー: FPS パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中