Mafia 2 (1)

Mafia 2を開始。厳しい縦社会と40年代のアメリカを忠実に再現したMafiaの続編で、個人的なベストゲームの1つである。それ故、本作には否が応でも期待せずにはいられなかった。結論から述べると、今のところ満足している。

現在中盤を越えた所だろう。ゲームの流れは前作を踏襲している。寝起きから始まって、レストランにいる仲間と話し、仕事に取り掛かる。銃撃戦とカーチェイスの後、またレストランに戻って仕事の結果を話し、家に帰る。これの繰り返しである。

一方で戦闘はその仕様を大きく変えた。昨今流行のカバーアクションシューターとなっている。前作はそうではない普通のシューターだったので、色々と不自然さが拭えなかったが、カバーアクションを導入したことで、それを克服している。また移動スピードが速くなり、銃火器の取り回しも容易になっているので、戦闘は前作と比べ格段に簡単になった。そして、ヘルスの自動回復もそれに拍車をかけている。前作ではシビアなダメージ、ヘルスも希少、カバーもできない仕様だったので、慎重に進む必要があったが、今作ではチマチマした戦い方をしなくてよくなった。

とあるミッション以降、車の年代が進むため、そこで如実にパワーの進化を感じるだろう。昔ながらのビンテージカーは相変わらずトルクが細くて、イライラするが、ポストウォークラシックになると、カーチェイスもできるレベルになる。しかし、車の種類が36種類と前作に比べて減った気がする。また「これを所有したい。」というようなスポーツクーペやプレステージカーが出てこないので寂しい。

先の記事でも書いたが、PC日本語版は無修正なので安心して購入してよい。プレーボーイのモデルは、基本トップレスである。しかし、男性のスケベ心を利用した、収集ミッションのやり口は上手だなと感心した。

グラフィックの負荷は高い。高めの画質設定にしているが、私の環境(E8400 + GF560 + 4GB)でも場合によってはFPSが10台に落ちる箇所がある。特に日中のシーンが顕著に重くなりがち。そしてこれはCOD: MW2でも発生していたが、信号が失われる不具合が本作でも発生している。熱暴走か何かだろうか…

広告
カテゴリー: TPS パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中