Mass Effect (5)

サブミッションであるアサインメントを攻略しているが、各惑星の地表とそこにある基地の構造がほぼ同じじゃないか…もうコピー&ペーストのようで飽きてくる。

他にも色々とじれったい点がある。最もたるものがエレベーターだろう。必要以上に長い距離をチンタラ移動して所在無い。誤って乗ってしまったら、もう老衰で死ぬ。次に、ムービーをスキップさせて欲しい。特にワープの度にそのムービーを拝む必要はない。シタデルに帰ってきた時は、ドッキングシーンまで見せられる。そして、ショップの店員に話しかけた時は「やあコマンダー、何か必要なのか?」→「Yes/Investigate/I should go」→「売っているものを見せてくれ」「いいでしょう、きっとお喜びになりますよ!」こんなくどい会話のやり取りは削除して欲しい。どうして即インベントリー画面開けてくれないのか。

広告
カテゴリー: RPG パーマリンク

Mass Effect (5) への3件のフィードバック

  1. Sabu より:

    私はこのゲーム、善にも悪にも染まれる展開を、綺麗なグラフィックスと映画張りのカメラアングルで魅せてくれる点にハマッてしまった感じですね。
    Fallout3など他のRPGによくある「直立して無表情にパペットのごとくパクパクと会話する」まさに「ゲーム」のキャラクターが喋る、といった不自然な感覚を感じ無い点が、映画好きの私にとってはすごく新鮮でした。
    そのクオリティで、プレイヤーの選択に合わせてそれぞれの帰結をキチンと用意して演出してくれるので、「ゲームにプレイヤーの意思決定が反映される様を映画ばりの映像で見れる
    」部分が良かったです。
    仲間それぞれに独自のエピソードを持たせ、キャラクター性に深みを持たせる点もストーリーに入っていくいい要素でしたし。

    まぁ、それ以外は・・・例えばシューティングは微妙なデキだし、惑星探索や資源回収は面倒臭いし、インベントリ操作は煩雑で疲れるし、、
    私の挙げた長所を面白いと感じるかは人それぞれですし、合わなければ単純に長い作業だけで終わってしまうかも・・・

  2. Z.O.E より:

    気を悪くしてしまったら申し訳ありません。これは後で書こうと思っていたのですが、周りがこれは凄い!と持て囃すので、「そんなに凄いゲームなのか…」と個人的な期待値が必要以上に上がった感が否めません。Sabuさんが仰るとおり、緻密なストーリープロットを用意した上で、細かい感情まで読み取れるような表情とドラマ的な演出を想起させるカメラワークなどは確かに素晴らしいものの、そこまで鑑賞させる余裕を持たせてくれない、あの英文がまた最大の癌となっています。これはネイティブではない僕にとっては本当に口惜しい。ストーリーを理解するため、ある程度のネタバレは致し方なしとwiki等を調べまわったのも不味かったのかも。ゲームとしての出来の評価は、上記のようにくどいので、変えようが無い。多分2週することはないでしょうね。

  3. Sabu より:

    いえいえ、気になさらずに。ただ、ZOEさんにとって楽しめなかった点が残念なだけです。
    むしろ一方的に賞賛されてるタイトルの不出来な部分をきちっと指摘している記事は貴重だと思いますよ。
    欠点に内容については私もほぼ同意見ですね。
    演出部分をどう感じるかは好みの問題ですから。
    # 余談ですが、さすがの会話量のためか、1と2通してクリアしてみて、ここ数年で衰えてたヒアリング力が少し取り戻せた感じがしました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中