ArmA 2: Private Militaly Company Coop (クリア)

Unkさんとプレーした。ミッションは全部で10個で、大体7時間でクリアーしている。本編のキャンペーンとは異なり、2人までのCoopプレーが可能。

ゲームは今までのテイストから大分異なる。ミッション毎にムービーを導入したり、自由度を狭めて演出を重視したり、敵が無限わき(と思う)したり、本来のゲーム性ではあり得ないような敵数を相手にしたりと、明らかにCOD化している。DLCにおいては、こういうのもありかなと感じた。

ミッション内容は概ね良かった。OFPのシングルミッションでもあった、コンボイ護衛のために先行し索敵、経路の確保をするミッションが印象に残る。僕がSUVのドライバー、Unkさんがガンナーで、両側の丘からやってくる敵や武装トラックを蜂の巣にするミッションだ。この護衛ミッションだけは、プレイヤーは自動回復(但し乗り物は破損する)する。私は彼の指示に従って、微速前進したり、良いポジションに回ったりしたりした。

護衛ミッションはラストにもう1つあり、それがゲーム中最も難しいミッションになるだろう。ヘリコプターで、SUVを護衛するミッションである。航空機の操作は甚だ難しく、しかも戦闘も行うとなると、ガンナーが撃ちやすい姿勢をとらないといけない。私がパイロット、Unkさんが側面のグレネーダーとなって、待ち伏せしている敵兵を、空から蹴散らす必要がある。上空100メートル以上では、歩兵を見分けるのが至難の業なので、ギリギリまで降下し、Unkさんが陣取る左側を敵に晒してホバーする。後はカッチンカッチンと被弾に耐えつつ、Unkさんが殲滅するのを待つだけだ。彼は、右へ左へ動く機体から、豆粒の大きさの敵兵を、集弾性の悪いグレネードを撃ちまくる。一応パイロンには14発のロケットがあるものの、直撃させるのは難しい。

このミッションであきれ返ったのは、スプリクトによって強制的にヘリがダメージを受けてしまう点だろう。機体の操作は一層困難になる。演出上の面白みも全くなく、ただ理不尽な思いをしただけだった。機体が大破し、強制着陸しても、プレイヤーは乗り捨てることができず、詰んでしまう。また、エンジンが停止、地上に落下するときに必ずオートセーブが入り、しかも全てのユーザーセーブまでそれに書き換えられてしまう。こうなると同様に詰みなので、セーブが入る前にやり直しをする必要がある。一方、護衛すべきSUVは、こちらが敵を排除するまで待ってくれるので心配は要らない。3回以上やり直しをやらされ、かなり時間を費やされたが、やりがいは確かにあった。

他、StalkerのSwampのようなマップを散策し、エリア内の敵車両を全て破壊するミッションが面白かった。ただし、RPGのようなロケット、ヘリや航空機の支援攻撃は使用せず、対装甲スナイパーライフルで片付けていく。問題は、弾を当ててもダメージが入っているのかわからなかった。エンジンルームを狙えと指示されても、車体のどこにあるのかわからない(まあ戦車はテールだろうが)ので、数発で炎上することもあれば、数マグ使い込んでもビクともしなかったときもあった。まあ、このミッションはハッチから出ているガンナーを撃ち殺せば、その車両は無力化したも当然なので、そこまで難しくなかった。

一方、ArmA本編のような、巨大な土地の散策や似非CTIなどはなく、指示される通りに戦っていけばいい。怒れる現地人に威嚇射撃するだけのミッションなど、あっという間に終わってしまう物もある。

今までの伝統からすれば、異色に見えてしまい驚いたが、まあ楽しめたといえる。10ドルとDCLの価格なので、本編ArmA2: Operation Arrowheadを持っている人は買っても良いだろう。

広告
カテゴリー: マルチプレイ, FPS パーマリンク

ArmA 2: Private Militaly Company Coop (クリア) への2件のフィードバック

  1. UnKnown より:

    お疲れさまでした。
    言い訳しておくと、別に嘆いているわけではありません。(これはPMCをプレイした時にブログでも言ってますけど)
    そもそもこのDLCのプロデューサーはもともとMOD上がりで、リアルよりも単純な面白さを重視しており、ARMA 2のEWミッション同様にアクション映画のような展開を目指していると明言しています。
    その方向性は支持したいところですが、導線引きが下手で(悪く言えば素人。これはARMAシリーズにも言えることです)、ゲーム性と演出重視の展開が明らかにミスマッチしている部分があり、そこが惜しいと感じました。
    それをZOEさんには嘆いているというか、クソミソに貶しているというか、5話になってもまどかちゃんが魔法少女にならないなんてどんな判断や!主人公が魔法少女になるのをみんなで防ぐ魔法少女アニメとか、さすが虚淵さんや!と聞こえてしまったのかもしれません。

    あとは単純にEWの方が完成度が高かったんですよね。
    CoD的な演出とARMA 2のゲーム性がマッチしていて、こちらの方が短いながらも面白かったです。
    いや、短いからこそ、まとまりがあったのかもしれません。

  2. Z.O.E より:

    勘違い申し訳ないっす…
    怒れる現地人を追い払うだけだったり、フォールアウトのアレがアホの子みたいに、バンバン撃ってくるミッションなど、よく考えたらミッションによってクオリティーに差があったような…ただ、これMODレベルじゃねーかwと感じた部分は皆無で、金払った価値はありましたよ。導線引きが下手なのは承知していますが、これがCODやOFP2のようなスタイリッシュになったら逆に気持ち悪いです。世も末です。確かに、PMCは単純な面白さを追求してはいますが、所詮ARMAの分派物はARMAで、COD化したと書いたものの、中途半端さが印象に残っています。それに一番面白かったミッションは、例のコンボイとSwampでしたし。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中