Kane & Lynch 2: Dog Days Coop (クリア)

ホリデーセールの前夜セールがSteamで行われている。昨日はKane & Lynch 2が5ドルだったので買った。今年の夏に発売されていたが、既に投売り状態となっているとは…

Unkさんはシングルで、私とSabuさんはCoopでプレーし、Skypeでお互いの状況を教えつつ(どちらが早くクリアーするか)、共にクリアーした。Unkさんが先に始めたにもかかわらず、我々が途中で追い越して終了した。約3時間半かかった。

ゲームは前作同様にカバーアクションTPSである。途中防衛ミッションや乗り物による強襲ミッションなど、ステージに僅かな変化はあるものの、前作にあったキャラクター同士の武器交換、仲間への指示、手榴弾の投擲は廃止されている。コンシューマを睨んで簡素化しようという姿勢が見え見えで、大胆と言うか、ここまで削ぐ必要はあったのかと感じた。Coopでは、お互いが離れてしまわないように、扉は2人で開けるようになっている。片方がダウンすると、もう片方が救出に行く仕様は変わらないが、2段階のダウンを採用している。1段階目のダウンは、倒れても移動と射撃は可能で、そこから自己蘇生も可能となっている。しかし、さらに追撃を食らうと他のゲームのようなダウン状態となり救出を待つことになる。この状態でのインジケーターがなくなるとゲームオーバーとなるが、Eキーを連打してゲージの減少に抵抗することもできる。ただし、この減少スピードは激しく、必死に連打しても10秒以上耐えるのは難しいだろう。

協力する要素としては、扉を2人で開ける、ダウンした時に助け合う程度で、あとは好き勝手に戦って良い。あまり協力プレーを意識することはないだろう。

シューターとしては、リコイルがあり銃火器の発射音が素晴らしいものの、三人称視点であるため、どうしても撃っている感覚が希薄。また敵の出血もわかりにくいため、当てている感覚が乏しい。

ストーリーは素晴らしい。話そのものには、取り立て深みがあるとか驚くような展開があるというわけではないが、悪漢の行き当たりばったりの生き様をそのままゲームに表現していた。終始裏切りと罵りあいと銃撃戦で、ゆったりとした雰囲気は1秒たりともない。ショッキングで且つ驚いたのが、切り刻まれた素っ裸で上海を駆け巡るシーン。裏の社会に生きる男の人生を、リアルに表現していた。日本のアニメ・ドラマに出てくるチャラチャラしたカッコつけ悪役は、絶対にこのような描写をしない。下手するとPostalと紙一重の描写なのだが、決してお下劣ではなく、悪役の凄味を感じた。下半身やヘッドショット後の頭などはモザイクが入る。露骨にそのまま見せると、「ああ、ゲームなんだ…」と半分萎えてしまうが、モザイクを入れることで想像力を働かせてしまい、逆にリアルに感じた。また、画面にはブロックノイズや爆破音の音割れなどの、投稿動画風の描写にしているのは斬新。ただ、光の帯で敵の姿が遮断されたり、スプリントでカメラが手ブレする(設定で切れる)ような描写は、ゲームプレーに大きな支障を与えているので、この辺はプレイヤーの好みになりそうだ。このようなきな臭い雰囲気を下から支えているのが、グラフィック。とにかく、無秩序で雑多で妖しい上海を見事に再現している。Unkさんが言う通り、これほど猥雑な上海を再現したゲームは他にないと思う。ロケーションは、露店通り、裏路地、廃工場、摩天楼など様々で決して飽きない。ジャングルや雪原などのバリエーションにありきたりに感じている人はぜひプレーを勧める。

バグは、2回ほどの不正終了とネット切断が発生した。また私の環境ではムービー画面がちらつき、ゲーム画面ではホワイトアウト(ゲームそのものは正常に作動していた)になった。あとCoopではゲームスピードがやけに速く、Sabuさんや敵兵がマキシマムスピード状態だった。試しにアーケードモードでプレーしたが、全然感覚が異なる。これもバグだろう。

シューターとしては内容もボリュームも足りないが、グラフィックと雰囲気は満点に近い。

広告
カテゴリー: マルチプレイ, TPS パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中