Silent Hunter 4 (7)

今日の任務は港の撮影からだ。沿岸部は浅瀬で隠れる場所がなく、駆逐艦がウヨウヨしているので注意が必要だ。海岸に沿って航行していたので、沿岸砲台が火を噴かないか冷や冷やした。無事港に着き、適当に船にロックして撮影した。このまま帰ろうとしたが、「ちょっと待てよ、せっかくだから魚雷のお土産でも渡そうぜ。」港をペリスコープで一望して、大型商船2隻を捕捉。当て逃げができるように、後ろのチューブを敵艦に向ける。停泊しているので全弾直撃した。そして、駆逐艦がやってくる前に脱出した。

その後、「ソロモン諸島に日本海軍が集結中」という情報を思い出したので、行ってみた。しかし、会敵するのは航空機ばかりで肝心の主力艦は見当たらない。その辺の港に停泊しているのかと探してみたが、めぼしい艦はやはりいない。

ここで新しい任務が来た。フィリピン海を偵察せよ…もう余分な魚雷はない。数発残っているが、これらは緊急用にとっておくべきだろう。もう海には嫌気が差したので、真珠湾に帰った。このゲームの目標は必ず達成しなければいけないという束縛はない。特に何もしなくてもクリアーできるが、こればかりだと早々に解任される。ある程度目標をこなして、敵艦を沈めていれば昇進できる。

港に帰ると、艦のアップグレードや人員のマネージメントが可能。これらは目標を達成したり、沈めたトン数による名声度を使用する。今回、新型レーダーや、ツインAAGなど、様々なものを装備したが、まだ6000以上余っている。

さて次の目標は、本州の偵察。正確に言うと、岩手の近海である。さっそく海に繰り出した。すると入電で「ガ島で合衆国海軍が敗北。日本軍は更なる輸送船団で上陸を計画している」という情報を受けた。難破した生存者がいるかもしれないので、ガダルカナルへ寄った。前回は、ソロモン諸島の中でどれがガ島なのかわからなかったが、事前にグーグルマップで確認しておいた。現地で一時哨戒任務についたが、艦隊の動きは見当たらない。強いて言えば、日本の輸送船団が活発に活動していた。もうこいつらは沈め飽きたので、そそくさと任務に戻った。

さて、本州の偵察だが、航行途中に出会うのはやはり駆逐艦などの雑魚。頬杖をついていると、「そうだ…呉や佐世保に行けば、大型艦が停泊しているんじゃね。」と思いついた。早速広島へ。地形が入り組んで、海は浅く、駆逐艦やコルベット艦がウヨウヨしている。バッテリーを気にしながら、消音航行でソロソロと進む。さすが港町あって、大型輸送艦が大量に停泊していた。獲物を探していると…戦艦伊勢と空母翔鶴を発見。これはかなりの大物ではないか。早速自艦前面を伊勢に、後方を翔鶴に向け、全魚雷一斉発射。2艦とも停泊していたため、全弾命中。翔鶴は搭載している艦載機が次々と誘爆し、傾いて沈んだ。伊勢の沈みっぷりは見ていなかったので分からない。近くに駆逐艦も停泊していたが、特に動き出す様子はなかった。そのため、輸送艦も沈めようかと思ったが、日の出が近かったので諦めた。さて撃沈を喜ぶのはまだ早い。ステルスで太平洋まで逃げるのが遠足だ。先の撃沈で、海上警備に増援がいたり、最悪海上封鎖も考えられたが、特に変わりなし。航空機が飛び出した程度で、無事に逃げ切った。沈めたトン数を見て驚愕。伊勢38000t、翔鶴28000t!大型輸送艦だって8000㌧前後なのに…岩手に戻る前に、東京湾にも寄ってみよう。

広告
カテゴリー: SIM パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中