T-34 vs Tiger (2)

こ れ は 凄 い!マニアが精魂込めて作った戦車シムだ。弾道計算やダメージモデル、故障は当然として、ペダルやメーターのアニメーションもきっちり再現してあり、被弾時の衝撃でペリスコープ視点から吹っ飛ばされ耳鳴りが残るこだわりようである。音の定位がはっきりして、エンジンノイズやら装填音やら発射音が耳やかましく轟く。戦場を見ても、AIが無機質的に撃っている感じはない。戦車は無論、歩兵や装甲輸送車、野戦砲すらきちんと戦っている。それでいて、プレイヤーが負担に感じる要素はバッサリ切ってある。例えばウェイポイントの設置、友軍車両への指示出しなど。以前プレーしたIron Warriorでは、履帯が故障するとまともに走れなくて終了していたが、このゲームはダメージ性に変更していると思われる。あのゲームに比べて、無骨さというか、荒削りっぽさは少ない…気がする。

先生、あれはどう考えてもトラ戦車なんです。
ミッション2から、砲弾の洗礼を受けて破壊された。今はまだ操作に慣れておらず、難易度が高い以前の問題である。少しずつ学習していこう。

広告
カテゴリー: SIM パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中