Iron Warriors: T-72 Tank Command (1)


このゲームを始める前に、マニュアルを熟読した。ある程度予測はついていたが、東欧の戦車ゲー故、かなり無骨な作りである。キャラクター、ストーリー、演出とは縁遠く、エンターテイメント性はゼロである。

まずドライバーのチュートリアルから始めた。エンジンを吹かし、ハンドブレーキを解除、ギアを入れる。走行は愚鈍の一言に尽き、障害物に接触すると容易に履帯が取れる。

ガンナーでは、火器制御装置を外し、砲弾を装填する。弾頭の種類が色々あるものの、ロシア語のイニシャルなので何が何であるのかわからない。しかも、着弾地点を考慮するため、照準のレチクルを読むのだが、これが又難しい。T-72やT-55は自動的に距離をはじき出してくれる装置があるが、T-34は目視観測なので骨折りである。

いくつかのミッションをクリアーしたが、不親切な部分が見受けられた。例えば「野砲を破壊しろ。」とあるが、その砲を破壊してもクリアーできずに困った。これは逃げ出した砲兵まで倒す必要がある。また「村を占領しろ。」は、村から遠く離れた敵歩兵までも駆逐しなければならない。

次に、自車両含むT-72 3両、レオパルト2両、少数の歩兵でハウス近辺の敵を全滅させろというミッションに挑戦した。敵はT-72 2両、T-55 2両、SU-100 2両、ミサイル搭載歩兵輸送車3両、歩兵多数という物量。自軍の車両は東西に分かれており、僚機であるT-72と歩兵は終始沈黙している。敵軍は一斉にレオパルト部隊に突入し、被害を負う前に全滅させ、後は周囲を警戒する。自車両がちょっとでも顔を出せば、サボットとミサイルの雨あられ。数時間のチャレンジ後、やっとクリアーした。

予想はしていたが、これは難しい。敵を一望するスポットを見つけるか、砲塔をギリギリ晒して撃つのが重要だ。敵が友軍の方を向いている隙に、どてっぱらに穴を開け、スモークグレネードで煙に巻く。こんな感じで進めればいいが、そう簡単にはいかない。ダメージはリアル。履帯をやられたらもう移動は不可能。修理はできず(あるかもしれない)、これは詰みを意味する。じりじりと進んでは観測、これの繰り返し。敵は決まった動きをしないので、やり直し前と同じ展開になることは少ない。

難易度というかリアリティーを最大まで上げていたが、挫折してノーマルに下げた。というのも、さすがにドライバー、ガンナー、コマンダー3役を同時にこなしきれない。見通しが良い場所に行き、だだっ広い野原をペリスコープで索敵し、ガンナーに切り替えるだけでももどかしい。敵の索敵はかなり高く、ボーっと走っていたら一発撃ちこまれて終了する。ノーマルに下げると、目標や視界内の敵がHUDに浮かぶのでだいぶ楽になるが、一撃必殺は変わらず。

今日やっとシングルミッションをクリアーした。明日からキャンペーンをやりこむつもりである。

広告
カテゴリー: SIM パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中