Just Cause (クリア)

クリアした。もう陣取り合戦ばかりやって、夢にまで出てきた。メインミッションは、ラスト直前に出来のまずい物があって萎えた。この手の箱庭ゲームは、押し並べて最後のバランスが悪すぎる。Unkさんの言葉を借りると、将に「最後に特別なことをしようとして失敗している」。

「遠く離れた島の大統領官邸に行け」という物だが、派手なドンパチをやりたかったのだろう。地上、空中ユニットを含む味方と敵の激しい戦いが繰り広げられる。まず、輸送ヘリから降りて、近くあるボートを奪って、島に上陸するのだが、ここでヘリのミサイルを食らう。まともに上陸することもできず、何度も殺された。なんとか上陸しても、激しい戦闘に巻き込まれ死亡、また海からやり直し。あまりの難しさに閉口…しょうがないので、一旦本島に戻り、ヘリに乗って空中から突入した。

チェックポイントが入った後、今度は更に山の頂上へ向かう。当然乗り物を奪って行こうとするが、車両に乗った瞬間、敵車両の砲撃、ヘリのミサイルで即死する。逆に歩いて行こうとすると、目の前に敵兵がわんさかスポーンする。ヘリはプレイヤーを優先的に狙い、敵車両は正面からひき殺しにかかってくる。一番怖いのが、ジェット戦闘機のミサイル。八方塞で萎えた。

しょうがないので、また本島に戻ってヘリから突入する作戦を考えた。だが、スタート地点から戻るのに苦戦し、海に出ると敵のヘリから狙い撃ちにされる。なんとか本島へ戻ってヘリから突入してクリアーした。文字で見ると、大したことないように思われるが、プレー中は本当に憤慨していた。

以後のミッションは楽勝であっけなくクリアー。あのミッションの難易度だけ突出している。もしかしてやり方を間違ったのか。その後、レースミッションを全部終わらせた。概ねこのゲームで遊べることはやったと思う。カルテルの拠点が2箇所ロックしたままだが、これを解除したところで、最早意味はないのでパスする。

総じて、クリアーしても達成感というより疲労を強く感じた。先のDriver 3もTrue Crimeもそうだったし、本家GTAでも感じた。このゲームの統計では、14時間になっているが、多分やり直しの時間は含まれておらず、20時間ぐらいやったのではなかろうか。ゲームの内容も、ドライブ、銃撃戦、フライト、色々あれど、その個々は本家本元のゲームには及ばず、いまいち楽しめない。GTA 3のヒット以来雨後の竹の子の如く溢れたこの手の作品だが、デザインの観点からどうしても似た寄った遊び方になってしまい、結局の所没個性になっている。要は遊べる要素が多いか少ないか、舞台がどこかの違いぐらい。

批判的なことばかり書いたので、そろそろ持ち上げる。まず最初に音楽が熱い。これはオープニングからハイテンポで笑ってしまう。BGMはどれも印象に残った。銃撃戦は、キャラクターが小さいので、撃っている&当てている感触を殆ど感じないが、血は派手に飛び散る。又、都市部での陣取り合戦は、ユニット入り乱れての銃撃戦で、かなり派手。AIに問題があるが、Battle Fieldのような擬似マルチプレーを体感できる。他、この手のゲームでは、空の乗り物は大抵後半に出現するが、このゲームの場合、陣取り合戦を進めれば、早期からヘリが手に入る。場所によってはジェット戦闘爆撃機も置いてある。落下傘も楽しく、NPCの車にワイヤーガンを撃って、パラシュートを開くと凧になることができる。最後に、なんと言っても南国の島が美しい。コピペで繋ぎ合わせた様子は無く、山、渓谷、都市、田舎が再現されている。

広告
カテゴリー: TPS パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中