Medal of Honor Airborne (1)

エアボーンを開始。どうせまた「ガチガチのスプリクト、見てくれに反するアクション性、うそ臭い寸劇」の3点セットだろうと…鬼の首を取ったようにプレーしていると、良い意味で裏切られた。やる事なす事は変わらないが、パラシュートからの着地及び目標達成までの自由度があるので、今までのような縛りを感じない。ヘルスもシビアになって、ゲーム性もアクションとリアルの良い折半点を見つけている。ムービーはほぼカットしているので、うそ臭い演技はない。ただ、問題点もある。まず、敵が優先的にプレイヤーを狙ってくる。次に、途中から味方がいなくなるシーンがあって、自分ひとりで数十人の敵を倒していく必要がある。

つまり、何回も死ぬ。ノーマルでプレーしているが、ハードのような難易度である。プレイヤーが死ぬと、援軍という形で再びパラシュート降下から再開されるのだが、先ほど倒していた敵まで復活するので、かなり面倒に感じた。今マーケットガーデンをプレー中だが、ここは瓦礫の緻密さが良い。映画で観たようなシーンを歩き回れるので感動する。

広告
カテゴリー: FPS パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中