Lotus Challenge (1)

レースがやりたくなったので、Lotus Challengeをプレーしてみた。以前の記事でプレー不可と書いたが、グラフィック設定のZバッファを最大値まで上げなければ起動できた。車種はロータスのみを扱っており、これはかなり尖がっている。

軽く流してみると、意外にシム寄りで笑ってしまった。なにより製作がKujuということもあって、てっきりロータスのライセンスだけ借りた単なる爆走ゲームと思っていた。挙動はセガツーリングカーチャンピオンシップに似ている。ダメージを受けたら、走行に支障が出るし、道路の凹凸を再現したのか、画面が安定しなかったりする。

ストーリーモードがあり、まず最初にロータスのドライバーテストを受け、そこから色々なレースを勝ち進む必要がある。そのレースの内容も、単にサーキットで勝つだけではなく、ドラックレースやバスジャンプ、果てはオフロードコースなどバラエティー豊か。不満点はグラフィックだろう。これはかなり年期が入っている。解像度すら変えれない。エンジン音も実車からサンプリングしたようだが、低音質。あとは折角ライセンスとっているのだから、せめてドライバー視点を再現して欲しかった。

広告
カテゴリー: RAC パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中